>   >   > 

【今だから話せる“時効風俗”】JRさんごめんなさい、リアル山手線ゲーム


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

0615denshatobi_fla.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 もちろん、今となってはいけないことだと理解しているし、反省もしている。だけど、昔はおおらかな時代だったのだろう。現在ではありえない風俗店・プレイがあったものである。

 たとえば、今、電車に乗っていて女性が座席に座っていたとする。そして、どこかムズ痒そうにカラダをよじったら筆者は思わず、「もしや?」と思ってしまう。もっと詳しく書けば、「あの女性…バイブで感じてるのでは?」という妄想にも似たことを考えてしまうのだ。それは、かつて実際にあった“あるプレイ”に起因する。


「女の子の下着には“アレ”が装着しております。コチラから“ランダムに鳴らします”ので、そのリアクションをお楽しみいただいたうえで、ホテルで通常のヘルスプレイをお楽しみください…」


 新宿駅で女の子を連れた風俗店スタッフに料金を支払った時に、そう言われ、そのプレイは始まった。

 “そのプレイ”とは、まずは山手線に乗り込むことから始まる。隣には二十代前半の、女子大生っぽい感じの女性が座っている。挨拶から、天気などの他愛もない話をしていると、突然、彼女がムズ痒そうな表情をした。

 どうやら、始まったようだ。それでも会話が続くと、2駅過ぎたところで再び彼女の顔がムズ痒そうに歪む。しかし、先ほどと違うのは、目つきがトロンと、どこか恍惚を含んだようになっていることだ。そして、3度目に同じ状態になった際、僅かに身をよじって彼女は言った。


「ヤバイです…。思った以上に強烈で…。イキそうになってますぅ…」


 その声色は、悶えるという表現が近いようなものがあった。なぜか? それは、彼女の下着の中で小型バイブが蠢いていたからだ。


『看護師を仕事中にリモコンバイブで大量失禁させたった!』


なくなったのが惜しい…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週