>   >   > 

「奥さんのほうは私がお世話いたしましょう」 人妻を共有した話の結末は…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  

0206hitodumakyouyuu_fla.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 明治時代の新聞を拾い読みしてみると、一人の女性をまるでモノのように扱うかのような記事が結構多いのに驚く。たとえば、ある資産家の老医師が若くて美人の人妻を見て、「自分の全財産と女房子どもをつけて差し出すから、どうか交換してくれないか」と頼み込む(明治14年・『東京日日新聞』)、借金を帳消しにする代わりに「奥さんを2年間貸してくれ」と条件をつける(明治41年・『東京朝日新聞』)などといった事件が、いくつも出てくる。大正14年に起きた「友人に妻を貸したのに返さない」という事件では、被害者の夫は警察に「友人を横領罪で訴えたい」と駆け込んだという。今日の感覚なら、誘拐か拉致監禁であろう。それを、品物を奪われたかのように「横領」とするところが、ちょっと理解に苦しむところではある。

 そうした事件のひとつ、明治9年4月13日の『郵便報知』にこんな記事が載っている。

 東京・深川扇橋(現・江東区)のある農家は夫婦と7歳になる娘の3人で暮らしていたが、「三度の食事を一度で済ます」ほどに貧乏しており、ついに離婚の相談までするほどになっていた。

 すると、この家に藤次郎(26)という男が4~5日ほど居候しており、その離婚の話をそばで聞いていた。そしておもむろに進み出ると、こう提案してきた。

「4、5日もお世話になった身ですから、今の話は聞き捨てなりません。そこで、どうでしょう。お嬢ちゃんの世話はダンナさんがみるとして、奥さんのほうは私がお世話いたしましょう」

 何とも珍奇な話に感じられるが、よほど困っていたものなのか、この提案を農家の男性は快くこう答えた。


『夫の目の前で犯されて―哀しみを背負った夫婦』


フクザツ…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週