>   >   >  フィギュア顔負けの美BODYが白濁液で

AV

フィギュア顔負けの美BODYが白濁液で穢されていく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1023hasumi_fla.jpg※画像:『ドリシャッ!! 蓮実クレア』ワープエンタテインメント

トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第09回

 このコーナーで紹介する作品は、100パーセント筆者トコショーの趣味で選んでいる。どのように選んでいるかというと、「パっと見」である。タイトルや女優名は二の次で、パっと見たファーストインスピレーションだけで手に取っているのだ。

 そんなワケで今回トコショーが「パっ」と見て、「グっ」と来たのがこの『ドリシャッ!! 蓮実クレア』という作品。

 AVマニアの方には今さら説明するまでもないと思われるが、この『ドリシャッ!!』シリーズはコッテコテのザーメンぶっかけものだ。しかし、パッケージでの蓮実クレアちゃんの透明感あふれる微笑みのせいで、筆者トコショーはそれに気付かずに手に取ってしまったのであった。

 冒頭は喫茶店でのインタビューシーン。筆者もハメ撮り作品を撮影する際、あえて喫茶店などの日常の場でインタビューを撮ることがある。こうした日常のシーンがあるからこそ、後の場面とのギャップが萌えるからである。いわゆるハレとケって奴だ。

 しかし、蓮実クレアちゃんの場合はちょっと違った。ただそこにいるだけでエロスだだ漏れ状態なので、普通の喫茶店での会話すらハレの場になってしまうのだ。

 それにしてもなんて見事なボディなんだろうか。白磁器を思わせるようなスベスベの白い肌、バービー人形を彷彿とさせるクビレと美脚、そして小悪魔のような美しい顔立ち。こんなコが今からザーメンまみれになるかと思うと、早くも股間がジメジメしてきてしまった。

 大勢の汁男優を前にしても一歩も引かないクレアちゃん。いや、むしろ大の大人たちが小娘一人に翻弄されているといったほうがいいだろう。舌と手を使った性技だけではなく、巧みな言葉攻めも同時に使いこなしているのだ。AV女優歴2年ちょっとでこの域まで達するとは見事なものである。


『ボンデージガール 超絶痙攣SEX』


ふぅ。

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週