>   > 

Berryz工房・嗣永桃子が『サメ漁』で見せた、“プロフェッショナルなアイドル”としての意識の高さ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

1007_momochi_main.jpg※イメージ画像:『嗣永桃子フォトエッセイ「ももちのきもち」』ワニブックス

 「ゆるしてにゃん♪」でおなじみの“ももち”ことBerryz工房のメンバー嗣永桃子(22)が、10月7日放送の『ミスキャスト ~ありえない人が! ありえないロケに!~』(日テレ系)に出演した。

 番組名が示す通り、ロケ内容とミスマッチなタレントがリポートすることで、笑いや感動を生み出そうとするこの番組。今回の放送では“ぶりっ子キャラ”の代名詞でもあるももちがリポーターとなり、屈強な男の仕事とされる『サメ漁』に挑戦することとなった。

 番組序盤ではいつもの“ももち節”が炸裂。サメ漁に出るというロケ内容を聞かされたももちの「失敗しちゃったらゆるしてにゃん♪」から始まり、漁船では映画『タイタニック』ごっこ。さらにはももちが乗る漁船に少しの波が来ただけで「帰りた~い!」と言いだす始末。しかし、ロケの冒頭こそまさに“ミスマッチ”だったものの、後半には彼女の持つプロ意識を見せつけられることになる。

 それは、ももちがイタチザメを捕った時だった。本来の目的であった3メートル級の巨大ザメではなかったものの、彼女にとっては自分の身長とほぼ変わらない大きさのサメ。さらにはヒレをバタつかせながら抵抗していたため、少なからず恐怖心を持ってもおかしくはない。それでも、ももちは平然とヒレを持ってサメを持ち上げ、その大きさをリポートする。次に、いかに歯が鋭いものかを見せるため自らサメの口をこじ開け、さらに、膝の上に乗せて笑顔を見せた…。

 ももちがこの番組で見せた“プロ意識”はこれだけではない。この日のロケでは、企画の目的であった『3メートル級の巨大ザメ』を捕まえることができなかった。そこでももちは、スタッフや担当マネージャーに「もう一度ロケをしたい」と希望を出し、スケジュールを調整して別日にロケを行うという一幕もあった。

 結局、別日でもお目当ての巨大ザメを捕まえることはできず、ももちの「ゆるしてにゃんじゃ済まされない~」の言葉で企画が終了。ももちの持つ仕事への“貪欲さ”、自分のすべきことを理解し番組の撮れ高までも配慮できる“プロ意識”を見ることができた。


Berryz工房デビュー10周年記念コンサートツアー2014春~リアルBerryz工房


10周年おめでとう!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週