>   >   > 

■不定期連載

【世にも奇妙なAV業界の話】 第二回:AVの源流は映画か、テレビか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

0916satuei_fla.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 AVの歴史は81年に発売された『ビニ本の女・秘奥覗き』と『OLワレメ白書・熟した秘園』だといわれている。以来AVはVHSビデオの隆盛とともにめざましい発展を遂げ、日本は世界でも随一のポルノ大国となった。アジア圏ではジャパニメーションと同様にジャパンAVは高い評価を受けている。その一方で、AVの発展とともに危機に陥った業界がある。ピンク映画だ。

 日活ロマンポルノを筆頭に60~70年代を彩ったピンク映画は、80年代後半になると急速に衰退していった。レンタルビデオ店の普及によって、映画館よりも安価で観られるうえに、オナニーの場所に困ることはなくなった。エロ映像の主役はたった数年でAVに取って代わられてしまった。

 当時、AVが広く受け入れられた理由のひとつに、そのドキュメンタリー性が挙げられる。ピンク映画がドラマ仕立てであるのに対し、AVはよりリアルな女性のセックスを描いたのだ。ピンク映画に慣れてきたユーザーにとって、それは斬新かつ興味を惹くものだった。

 その大きな源流を生み出したのは、今もなお現役を続ける伝説的なAV監督・代々木忠である。1981年に発売した『愛染恭子の本番生撮り 淫欲のうずき』は2万本の大ヒットとなり、のちに発売される『ドキュメント ザ・オナニー』シリーズで、完全にユーザーの心を掴んだのだった。

 しかし、ピンク映画とは異なる手法でありながら、その撮影技術や編集は、映画界の影響が強かった。前述の代々木忠監督は、そもそもワールド映画という映画製作会社に所属していた経緯もあり、撮影の基礎は映画で学んでいた。

 こうして生まれた“映画的ドキュメンタリーAV作品”を究極の形で表現したメーカーが86年に登場する。安達かおるを筆頭にした『V&R』だ。セックスをテーマに過激でグロテスクな表現を追及しつづけるゆえに、社会問題にまで発展する作品すらあったほど、その作品は衝撃的だった。バクシーシ山下、カンパニー松尾など、作家性の強いAV監督を多数輩出した。なかでも井口昇や平野勝之は一般映画の監督としても成功している。それは彼らに映画的な素養があったからにほかならない。


『アテナ映像30周年記念特別版 代々木忠の「快感マトリックス」』


ストーリーがあるからこそ、ヌケる!!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週