【短期集中コラム】

AV業界への就職を考える人へ! これがAV会社の実態だ!! 第一回「AV業界の構造とコンプレックスについて」

0303oficelady_fla.jpg※イメージ画像 photo by Lucidio Studio from flickr

 私はかつて某大手AV制作会社に勤めていたことがある。およそ2年という短い期間だったが、多くの出会いに恵まれて、業界の酸いも甘いも吸わせてもらった。その会社は業界で1、2を争うリーディングカンパニーだったこともあり、業界全体の構造もかなり勉強できた。そこには、おそらく一般の方が抱いているAVというイメージとは、ほど遠いであろう現実がある。もし、アダルト業界に興味があるのなら、この短期集中コラムをご一読いただきたい。もちろん私の経験に基づく意見なので、これから述べることがすべてではない。しかし、少しでも現実を知りたいという方にとっては有益な情報もあると思う。

 第一回は、まずアダルト業界のおおまかな仕組みと雰囲気について述べていきたい。

 アダルトビデオの会社には、大きく分けて2種類がある。ひとつは実際に撮影現場でカメラを回して女優のカラミを映像作品にする「制作会社」。もうひとつは、その映像作品を書店などに流通させる「流通会社」である。

 AV会社といって読者の皆さんが真っ先に想像されるのは「ソフトオンデマンド」だろう。しかし、実は「ソフトオンデマンド」は、AVを制作してはいない。前述した「流通会社」であり、直営店の経営や小売店への営業が主な業務だ。現場でAVを制作しているのは「SODクリエイト」という子会社である。さらに、ソフトオンデマンドには、さまざまなメーカーが存在するが、それはすべて別名義の制作会社。あくまでソフトオンデマンドという企業に流通を委託しているだけであり、契約が折り合わなければ、ほかの流通会社に移籍することも可能だ。まあ、さまざまなしがらみでほとんど不可能ではあるが。

 だから、いつでもAVが観れると思って、間違えて流通会社に入ると、実際には制作現場などに立ち会うこともほとんどなく、地味な営業活動ばかりになる。日ごろ会うのは女優ではなくオッサンなのだ。もし、AV現場を体験してみたいというのなら、求人情報の業務内容によく目を通しておいたほうがいい。実際に間違えて入社してきた人間をゴマンと知っている。そういうタイプは、たいてい半年ぐらいで辞めてしまうことになる。

 また、AV制作会社だからといって常にエロい雰囲気だと思ったら大間違いだ。デスクに座って資料を整理したり、会議に出席したりと基本的な業務は普通の会社と変わらない。昼間からエロビデオが見られるわけでもない。意外とマジメに売れる企画についてマーケティングしたりもする。

 では、制作会社の撮影現場はどうか。ADを募集している制作会社は無数にあるが、ずっと女優のカラミを観ていられるわけではない。バイブの電池をチェックしたり、次のカットの衣装を用意したり。しかも、AV監督はけっこう厳しい指示を出すから、少しでも準備が遅いと怒鳴られることもしばしば。逆に現場に行きたくないADも多いのが現実だ。

 ちなみに、流通会社にも制作会社にも共通しているのは体育会系の縦割り社会という点。これはテレビや映画業界も同様だ。映像に関わる仕事で、試されるのは体力と根性である。とりあえず知性は二の次だ。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 所沢ショーイチ
  3. 元デリヘル店長の回想録
  4. ドスケベ女の性事情
  5. トコショー
  6. 唯井まひろ
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. セフレとのエッチ
  11. パンチラ連載

men's最新記事