>   > 

<短期連載>

【AV撮影現場今昔】 第3回:疾風怒濤のぶっかけブーム(前篇)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

0723komukai_fla.jpg
※画像:『ぶっかけ中出しアナルFUCK!』ムーディーズ

 10年ひと昔前のAVと今日の最新トレンドを撮影現場の模様から振り返る短期集中連載『AV撮影現場今昔』。第3回は、ブームに沸いた「ぶっかけAV」がそれまでのAV界を大きく変えていった時代の変遷を振り返る。


■連日ぶっかけAV撮影が目白押し!

 スタジオの一室に集った数10名にものぼる男たちの“搾りたて”の精子を次から次と延々と浴び続ける女優の姿…。この過激でマニアックな「ぶっかけAV」は、2000年当時にはすでに存在していた。現在休業中(!?)の松本和彦監督のショップ売りのVHS作品が人気だったが、90年代終盤にはワープエンタテインメントに代表される有力セルビデオメーカーによって、流通に乗る一ジャンルとして制作され始めてからは認知度も上がり、その存在を全く知らなかった人々に衝撃を与えていた時期でもあった。

 2000年当時、AVシーンはまだまだ「ビデ倫」メーカーが主役の時代ではあったが、今思えば時代は確実に動いていた。このタイミングで当時の有力セルビデオメーカーが続々とこのジャンルに参戦し、「ぶっかけAV」ブームと言ってもよい状況が生まれたのだ。そして当然のことながら、決して少なくない女優たちが次々と「ぶっかけAV」撮影を体験をすることになる。当時の女優さんにしてみれば、デビューしたときにはこんな撮影をすることになるなんてコレっぽっちも考えてなかっただろう(汗)。

 個人的記録を振り返ってみれば、2001年にはビデ倫メーカーからデビューを飾った単体女優(聖さやか、友崎りん、遊佐七海、中里優奈など)が続々とぶっかけAVに出演し、2002年には当時のトップAVアイドル・及川奈央ちゃんも遂にぶっかけAVに登場することに。

 当時の筆者にとっても、AV現場取材の「ぶっかけAV」率は急激に上昇し、ワープエンタテインメントの『ドリームシャワー』、アウダースの『激射』、SODの『アイドルザーメン』、MOODYZ(ムーディーズ)の『ぶっかけ中出しアナルFUCK』などの撮影に足繁く赴いていた次第。とにかく撮影の数が多く、都内のスタジオ各所で同じ日にいくつもの「ぶっかけAV」撮影が行われていることも珍しくなかったのだ。

 撮影現場には10数人から数10人、場合によっては100人という汁男優陣が集結していて、男臭さ&熱気があふれるスタジオはかなり厳しかったものの(汗)、自由に動き回れるし写真も存分に撮れて、取材者冥利に尽きる現場が多かったのも事実だ。ビデオカメラに写り込んでしまった際に、絵を壊さないように汁男優陣に紛れてパンツ一丁で取材したこともけっこうあり(苦笑)、筆者にとってもいろんな意味で疾風怒濤の時代であった。


『ぶっかけ中出しアナルFUCK!上原亜衣』


かけすぎ!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週