>   >   > 

本番行為よりも気持ちいいってマジ!? 「素股プレイ」の醍醐味とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

0529sumata_fla.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 現代日本はセックス経験のない童貞男性が増えつつあるというが、セックス経験はあってもフーゾク遊びの経験はない「フーゾク童貞」も激増中だ。ひと昔前までは、オトコたる者フーゾク遊びの一度や二度は経験があるもの…という風潮だった。しかし、フーゾク遊びしたくても先立つものがないという経済的な理由ほか、インターネットを介しての女性との出会いが比較的カンタンになった時代背景や、オナホールの進歩も影響しているのだろう。

 フーゾク遊びの経験がないことは決して恥じることではない。むしろ女性ウケはいいだろう。しかし、フーゾクでしか味わえないプレイを経験したことがないのは少々もったいない気もする。例えばマットプレイやスケベ椅子、潜望鏡などはそれなりの対価を払ってソープランドの門を叩いてこそ味わえるフーゾク遊びの醍醐味である。ほか、ピンサロ店での花びら回転やオナクラでの逆視姦など、一般女性とのセックスでは味わえない魅力的なプレイがてんこもりなのだ。

 その中からここでは、ヘルスのメインサービスである「素股」に着目してみよう。マットやスケベ椅子は物がないことには始まらないし、花びら回転を一般女性相手で叶えるのはさらにハードルが高い。「女友達2~3人連れてきて順番にフェラして」などと言ったら確実に愛想を尽かされる。その点、素股ならマットや椅子など物が必要なわけでもなし、当然のことながら女友達を呼び寄せる必要もない。比較的ハードルが低いプレイと言っていいだろう。

■素股で本番行為以上の快感!?
 素股を体験したことがない者にとっては、「挿入できない=気持ち良くないのでは?」という疑問が浮かんで当然である。確かに、「素股では快感が得られない、本番行為NGならフェラチオでお願いしたい」という意見もあるが、人によっては「フェラチオどころか本番行為以上の快感が得られる!」と、素股を熱狂的に支持する声も挙がっているのだ。

■素股での快感は女性のテクニック次第
 素股で快感が得られなかった人は、おそらく素股を苦手とする嬢ばかりにあたってきたのだろう。ヘルス店で勤務する女性たちに聞いたところ、フェラチオのほうが気楽と証言する嬢も。その一方で、卓越した素股テクニックを持つ嬢は、本番以上の快感をもたらすのだから、まさに技術がものを言うプレイである。


『姉の友達に「セックスは無理だけど…」と素股をしてもらっている間にこっそりチ○ポに媚薬を塗ったら擦れて、感じて、イッちゃって…我慢できず自ら挿入してきた』


間違えて挿れて、スマッタ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週