>   >   > 

「実写の人に会ったときに何を話していいのかわからなくなる」本気すぎるアニオタ女子アナが話題


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

0519matuzawa_main.jpg
※イメージ画像:ホリプロオフィシャルサイト「松澤千晶」プロフィールページより

 18日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)に、フリーアナウンサーの松澤千晶(29)が出演。「周囲が引くほどのアニメオタク」であることを反省しに登場した松澤が、期待を裏切らないアニオタぶりを披露して話題を集めている。

 ニュースキャスターとして活躍しながら、アニメには、「現実に起こっている以上の真実がある」と言い、現実の出来事より、アニメにしか興味がないと語る松澤。プライベートでも、交際をしている男性がいるが、「アニメ中心の生活でずっと会っていない」と、破局寸前の状態だという。二次元の世界にハマりすぎた人は、リアルの世界でのコミュニケーションに支障をきたすこともあるというが、ご多分に漏れず、この松澤もまた「実写の人に会ったときに何を話していいのかわからなくなる」と自らについて語っていた。

 そんな松澤のアニオタ発言の数々に、ネットユーザーたちは激しく同意。アニメ『封神演義』のキャラクター「黄天化」が好きすぎて、「(そのキャラが死んだときには)イラストを描いて額縁に入れて」線香をあげたと松澤が言うと、「天化とかわかる」「同じだw」など、同じくアニオタと思われるユーザーからは賛同のコメントが寄せられていた。

 現実の世界では、「目の前の人が本当のことを言っているかわからない」が、アニメの世界では、「キャラクターはウソを言わない」と言う松澤。もちろん、それは台本があるからなのだが、本人はそれも承知の上で、アニメの世界にはまっているようだ。そんな松澤が、有吉に向かって『進撃の巨人』のキャラクター「リヴァイ兵士長」に似ていると発言すると、ネットユーザーたちから「似すぎ」「こいつ絶対2ちゃん見てる」など、彼女のアニオタぶりを後押しする。


『美少女剣士ミ○サ×淫語2穴凌辱×連続アナル中出しファック』


『進撃の巨人』も多方面で大人気っすなぁ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週