>   > 

大沢樹生、長男と血縁関係なし…DNA鑑定で暴かれた元妻・喜多嶋舞の“不貞”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

1224oosawa_main.jpg
※イメージ画像:大沢樹生オフィシャルブログ「My Way My Style」より

 元光GENJIで俳優の大沢樹生(44)と前妻の女優・喜多嶋舞(41)の間の長男(16)が、大沢と血縁関係がなかったことがDNA鑑定によって判明したと発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 大沢と喜多嶋は、88年のドラマ『ワイルドで行こう! BORN TO BE WILD』(フジテレビ系)での共演をきっかけに交際。それから長年付き合っていたが96年に喜多嶋が妊娠したことを契機に入籍し、当時はデキちゃった結婚と騒がれた。大沢とは05年に離婚。長男の親権は当初喜多嶋にあったが、07年に彼女が大手出版社社員と再婚したのを契機に大沢側に移っていた。

 記事によると、長男は先天性腹壁破裂で生まれ、一定の音が聞こえない感音性難聴も患っていた。また、長男は精神的に不安定なところがあるという。さらに、大沢は08年に再婚した15歳年下モデルとの間に子供を授かったものの、昨年5月に死産。「自分のDNAに問題があるのでは」と思い悩んだ大沢は、今年2月に長男とともに病院でDNA検査を受けたという。

 その結果は「父子確率0%」という思いもよらないものだった。双方の弁護士が話し合い、長男の親権は喜多嶋側に再度移行。しかし、喜多嶋は再婚相手との間に5歳の長女がいることもあり、長男は母方の祖母である女優の内藤洋子が暮らす米・ロサンゼルスへ行くことに。内藤が親権者として長男を育てているという。

 にわかに信じがたい展開に、ネット上では「昼ドラみたい…」「子どもが可哀想」「喜多嶋舞ヒドすぎるだろ」といった声が上がっている。喜多嶋は別の男性の子どもである可能性を認識していながら、それを黙っていたのだろうか。

「ドラマ共演を機に大沢と交際した喜多嶋は、別の男と遊んでいるというウワサもなく、デキ婚ながら8年に渡る一途な愛を実らせたと周囲から祝福されていました。それがまさか、別の男の子どもを身ごもっていたとは…。当然、喜多嶋が全く気付かないわけはありません。この件に関しては、大沢も子どもも完全に被害者といえるでしょう。単に血縁関係がなかったという事実だけでなく、これは結果的に家庭環境にも大きな影響を与えていたようですから」(週刊誌記者)

 昨年、長男は「週刊文春」(文藝春秋)で幼少期から両親の虐待を受けていたと告白。3歳ごろから喜多嶋による虐待が始まったとし、保育園の弁当を残すと殴られ、小学校に入ると浴槽に沈められたり、包丁をのど元に突きつけられたことがあったという。05年に両親が離婚して大沢に引き取られると、今度は大沢が虐待を始め、あまりの暴力に長男が警察に駆け込むこともあったとそうだ。08年に連れ子再婚した大沢だが、長男によるとその後も虐待は止まず、15分間も殴られ続けた挙げ句に日本刀を突きつけられたとしている。

 大沢・喜多嶋の双方の所属事務所は虐待の事実を否定したが、息子がこのような訴えをすること自体、根深い問題があったことの表れと見て間違いないだろう。

「双方の事務所が否定しましたが、一部誇張した表現はあったものの、ある程度の虐待があったのは事実だと聞いています。喜多嶋の負い目が息子への虐待行為につながり、夫婦仲の悪化にも影響した可能性はある。何かしらの違和感を抱いていた大沢も、結果的に長男を虐待することになったのかもしれません。その元凶は、もとをただせば『父親が違う』という事実だったのかも…」(前同)

 長男の本当の父親に関しては、今のところ不明。それが誰なのか、長男や大沢に知らされているのかも謎だ。

 このような展開は芸能界では前代未聞だが…。

「一般の女性の中には『血液型さえ合っていれば』と、避妊せずに浮気や不倫をしている人が少なからずいるんです。父親が気付いていないだけで、実は本当の子どもじゃない…というケースは意外と多いのかもしれません。今回もたまたま、大沢さんが息子さんとDNA検査を受けたことで発覚しただけですからね…」(女性誌編集者)

 何とも驚くべき話だが、ワイドショーに直撃された大沢は「どういう結果であれ、息子を守る務めと義務がありますから」と語り、長男も「事実はそうでも、パパはずっとパパだから」と気丈に話しているという。血縁関係はなくとも、16年間共に過ごした父子の絆は紛れもない本物のようだ。

 一方の喜多嶋は親権再移行後に長男を母親に預け、大沢サイドとは弁護士を通じた話し合いのみ。所属事務所ですら、現在は直接連絡が取れていないという。再婚後の家庭があるとはいえ、これではあまりに冷たすぎるのではないかとの批判も起きそうである。

 今年は女性タレントの不倫問題がクローズアップされることが多かったが、その締めくくりとしてはあまりにもヘビーな話題といえそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops


『寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~』


いろいろあるね

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週