>   >   > 

【現役セックスワーカーの素顔と本音】コンパニオン発、芸者経由のデリヘル嬢・後編


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

kimononude0917fla.jpg
※イメージ画像 photo by Rieco93 from flickr

前編はこちらから

 10代で家を出て、水商売で3人の子どもを育ててきたJ子(40歳)。夫との夫婦仲がこじれ、離婚に至ったのは、結婚15年目のことである。

「私は狭いアパート暮らしになっちゃうので、子どもたちは夫の元に残しました。夫の家から100メートルも離れていないアパートだったので、会おうと思えばすぐ会えましたし」

 子どもたちにとっては、広い家に住んだほうが幸せだと思った。しかし離婚して数カ月後、子どもたちから相談を受ける、「夜中にお父さんの部屋から女性の声がする」と。自分と別れた後、夫には新しいオンナができたようだった。

 新しいオンナができること自体は構わなかったが…。

「子どもの部活の大会に、夫が新しいオンナを連れて行くつもりだったらしくて。子どもにとっては大事な大会なのに、デート感覚で行く神経が許せなかったんです」

 J子は、夫と暮らした家に乗り込み、大会のチケットを破り捨てるという大胆不敵な行動に出る。

「次の日、すぐに夫の母親から電話がかかってきましたよ。不法侵入で訴えます、って(笑)。でも私は、子どもの部活の大会を、デートのついでにされたくなかったんです!」

 こういった経緯があって、3人の子どもたちは次から次へとボストンバッグを持ってJ子の元に転がり込んできた。

 夫と別れてからの色恋関係はどうなのだろうか? 

「10代の頃に付き合っていた男性と、偶然再会したんです。彼とは、17歳の時に赤ちゃんもできていたんですけど、私が他に好きな人ができちゃって、その時は中絶しました」

 昔の恋人は、すでに結婚していた。睾丸肥大が原因で片側の睾丸を摘出しているとのことで、正妻との間に子どもはなかったが、なんとJ子との間には子どもができた。30代半ばですでに3人の子どもを持つJ子だったが、10代の頃に彼の子どもを中絶していることを考えると、何が何でも産みたかった。

「彼の奥さんは本当によくできた人で、『私との間には子どもができなかったけど、あなたに子どもができるなら良いじゃない』って言ってくれたそうなんです。彼は、奥さんと別れて一緒になると言ってくれましたが、私は1人で出産しようと思いました」

 しかし、身重のカラダで仕事をしていた無理がたたってか、J子は流産する。

「この一件で考え方が180度変わりました。10代の淡い恋愛とは違って、大人は色んなものを背負っているんだなあって。彼の奥さんも苦しめちゃったし、いつかこの報いは自分に返ってくると覚悟しています」

 彼と別れた後も、何人かの男性と関係は持った。その中の1人の影響で、J子はTwitterに興味を持つようになる。そこには、これまでJ子が知らないアダルトの世界があった。

「この年齢で無謀かなって思ったんですけど、思いきってホテヘルの面接を受けてみたんです」

 確かに、Twitter上には、アダルト産業に身を置く人々の呟きが溢れている。そこから興味を持つのは、ネット社会の今、決して珍しいことではないのかもしれない。

 今年1月、実際にホテヘルの仕事を始めてみて、「天職だ!」とJ子は思った。元々、中学1年でセックスの気持ち良さを覚えたわけだし、水商売が長いことから、接客慣れもしている。

「今のデリヘルで2店目なんですけど、これまでイヤな思いをしたことは1度もないです。乱暴に責められて痛いっていうコもいるみたいですけど、お客様に責めさせる隙を与えないくらい気持ち良くさせれば良いだけですから」

 また、多くのデリヘル嬢が抱える「本番を求められる」という悩みに関しても、水商売で培った話術でサラリとかわす。確かに天職かもしれない。

「でもね、風俗の仕事はあと2年って決めているんですよ」

 天職なのに、あと2年? 

「2年後、末っ子が高校を卒業して専門学校に入ることになっているんですよ。そのタイミングで、私も学生になりたいんです」

 人生を色んな面から楽しみたいので、風俗の仕事だけに固執したくないという。「何の学校?」と尋ねると…。

「文章を書くことに興味があるんですよ。中学の頃、あれだけ悪さをしていたのに、作文は上手だったんです。今は、お仕事のブログを書くのが楽しい」

 2年後のJ子は、どのような学生になっているのだろうか。その時がくるまで、今は「天職」だという風俗の仕事を楽しんでくれることを願う。
(文=菊池 美佳子)

菊池美佳子(きくち・みかこ)
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21~29歳の間、キャバクラ嬢・テレフォンセックス嬢・企画物AV嬢としても活動。引退後、文筆業に転身。
■著書:『2010年代 ニッポンの風俗』『つけちゃうぞ! 大人の保健体育』
『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』

※本コーナーでは、インタビュー取材にご協力頂ける、風俗店勤務の女性を募集しております。ご興味をお持ち頂けましたら、下記アドレスまでご連絡お待ちしております。
info@www.menscyzo.com

【現役セックスワーカーの素顔と本音】バックナンバー

第9回銀行員発、トラック運転手経由のデリヘル嬢
第8回援交発、ホテヘル経由の手コキ嬢
第7回ハプニングバー店員発、ヘルス嬢経由のメンズエステ嬢
第6回「初体験は小2」ピンサロ出身のホテヘル嬢
第5話ヌードモデル発、OL経由のホテヘル嬢
第4話バツイチホテトル嬢のセックス観
第3話探偵ときどきソープ嬢
第2話AV嬢発、デートクラブ経由の手コキ嬢
第1話援交発、スナック経由のヘルス嬢


『六本木発・都内全域出張 高級派遣クラブ 最高級デリヘル嬢』


人に歴史あり!!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週