>   > 

恋愛禁止の「おニャン子」と結婚した秋元康の言い分と天才性


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

20120618akimoto.jpg
※イメージ画像:『別冊カドカワ 総力特集 秋元康 カドカワムック』
角川マーケティング

 「週刊文春」(文藝春秋)によって過去の熱愛が暴露され、HKT48に移籍することになった元AKB48指原莉乃。元彼と見られる男性との赤裸々な交際を「友達だったことは事実」と一部内容を認めた指原について、総合プロデューサーの秋元康が17日、『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)に出演し、その胸中を語った。

 司会の太田光に、AKB内での恋愛事情について話を振られた秋元は、「それはあくまでも暗黙の了解」とし、「みんなの前で“恋愛禁止”と言ったことはない」と語った。そして、「スポーツなんかと同じで、一生懸命やっていたら、そんなことをしている暇はないはず」とも。しかし、そう語る秋元が当時プロデュースしていたおニャン子クラブの高井麻巳子とファンクラブ結成直後に突然の結婚を発表したのはあまりにも有名な話。太田がそのことを突っ込むと、「あのころは一生懸命じゃなかったから」と秋元は声を出して笑っていた。

 そんな秋元は“自然な流れ”という言葉を頻繁に使い、「なにが起こるかわからないのが面白い」「だからこそドラマが生まれる」と自論を展開。あくまでもアイドルにとっての恋愛禁止というのは自然発生的なものだとしながら、「当然のこと」と指摘した。そして、もしそれが破られれば、それなりのリスクを負うだけのことだと秋元はいう。つまり、それで高井はすぐに引退したというわけだ。そして今回の指原について、秋元は、「本当のところはわからない」と言いながら、「それでもファンを裏切ったことには違いない」ので、HKT48への移籍を命じたと説明した。

 「AKBは高校野球のようなもの」と語る秋元は、完成された女性K-POPアイドルとは違って、あくまでもAKBは日本的な未完成アイドルであると分析する。そして秋元は、そんな普通の女のコの「一生懸命さ」と「泥臭さ」が魅力のAKBにとって、「指原は日本中の希望」だと指摘。「前田のようにスター性がなくても、がんばれば誰でもあそこ(総選挙4位)まで行ける」と語る秋元にしてみれば、指原はまさに未完成アイドルの象徴だったわけだ。


『おニャン子クラブ「最終盤」~the final episode~』


AKBと見比べてみる?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週