>   > 

究極のフェチ!? 深すぎる「巨大娘」の世界


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

※画像:『巨大娘研究 サブカルチャー批評の終焉と再生』
鳥山仁・嵯峨斐峰・共著/三和出版

 無限と思えるほどに細分化し、人間の性癖の奥深さを感じさせるフェチの世界。その中の一つに「巨大娘」というジャンルがあることをご存知だろうか。

 巨大娘フェチとは、男性と女性のサイズ差に興奮する「サイズフェチ」と呼ばれる性癖の一種。相対的に男性よりも女性が圧倒的に大きいことがポイントであるが、巨大娘フェチの中でさらに大きく二つに分類される。巨大化した女性(ジャイアンテス)に興奮するタイプと、男性が縮小(シュリンカー)して普通サイズの女性に興奮するタイプだ。女性の巨大化や男性の縮小化を描いたマンガ、アニメ、特撮、映画などは意外なほど多く存在する。

 そういった作品を徹底的に網羅し、サブカルチャー批評の視点から分析した『巨大娘研究 サブカルチャー批評の終焉と再生』(鳥山仁・嵯峨斐峰・共著/三和出版)が発売された。著者の一人である鳥山仁氏を直撃し、知られざる巨大娘フェチの世界について話を聞いた。

──鳥山さんは『巨大娘』が特別なフェチだとは思っていなかったそうですね。

鳥山 子供のころからモデルのような「高身長・高頭身」が美人の基準だったんですが、中学生になって「自分より背の低い女性」を理想としている知人が多い事に衝撃を受けました。「大きければ大きいほどいいのに何言ってんの!?」って感じで。私は脚フェチなので、背が大きい方が脚が綺麗に見えるのに何で低身長の方がいいなんて言うんだろうって。共著者の嵯峨さんは縮小化フェチなんですけど、私とは逆に、ずっと自分の性癖で悩んでいたそうで、それを聞かされた時にも驚きました。

──巨大娘フェチの中でも、巨大化と縮小化では大きく違うと思いますが、互いに理解できないことはありますか。

鳥山 それはありますね。縮小化フェチの人たちの大きな特徴は、自分が小さくなって女性に気付かれないように近づきたいという欲望があることなんですよ。最初は、それが私には全く理解できませんでした。私は30メートルくらいの巨大な女がいて、それを遠くから見ていたいという願望があるので。しばらくして、縮小化して近づきたいという欲望が『のぞき見』の変形だと気付いて、やっと理解できるようになりました。

──のぞき見の変形というと...?

鳥山 小さくなって女性の素の生活をのぞきたいという欲望なんですよ。『透明人間』と共通した部分があると思います。だから、相手が自分に気付いていないことが重要な要素になります。

──同じ巨大娘フェチの中でも、かなり違いがあるんですね。

鳥山 多分なんですけど、巨大娘は究極のフェチの一つなんじゃないかと思います。私は脚フェチというフォルダの中に巨大娘があるという感じです。縮小化が好きな人たちの中には、女の子の内臓をのぞき見たいというフェチの集合として巨大娘がある場合がある。元々のフェチの違う人たちが集まって、共通項として巨大な女の子が好きという集合体になっているので、けっこう内部で好みが違ったりするんですよね。一番大きいのはスカトロ描写がOKかNGかってとこですね。それぞれのフェチがニッチなので、巨大娘という共通項で徒党を組んでみたというジャンルでもあると思います(笑)。何かしらのフェチの延長線上として扱っている場合が大半で、巨大娘フェチに特化してる人はあまりいないんじゃないかな。

──巨大娘じゃないと絶対に満足できない性癖って相当に因果ですよね。実在しないし(笑)

鳥山 触手フェチに近いかもしれないですね。乱交だったのが、段々と省かれて『チンコだけでよくね?』みたいになって触手というジャンルが生まれたのと一緒で。巨大娘も様々なフェチの上位にあると思うんですよ。



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週