>   >   > 

テレビじゃ出せない過激パフォーマーがテレビ界へ熱烈コール! 「精神病院でもテレビは見てました!」魔ゼルな規犬×あなるちゃん直撃インタビュー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

mazerMAIN.jpg
左:魔ゼルな規犬、右:あなるちゃん

 すっかり放送規制の多くなってしまったテレビ業界。言動、思想、行動、内容によって、以前はOKだったけど、今は出せないなんてネタも多くなってしまった。あまりに過激だったり、あまりに思想が偏っているという理由で、鳥肌実など人気や才能がありながらもテレビ界からすっかり隔離状態にあるパフォーマーも数多い。そんな中の一人、魔ゼルな規犬とあなるちゃんに、今回は現在の放送業界のこと、そしてテレビとはまた別に、お二人のちょっと特異な体験である精神病院入院のエピソードなどについて話を聞いてみた。

──音楽をやっていたりステージパフォーマンスの世界にいると、テレビの世界と結びつけられることも多いと思います。例えば「テレビに出てますか?」と聞かれたり、メジャーでリリースしているものはありますかとか。まるで、それが一流かそうでないかのひとつの判断材料になっているかのように。

魔ゼルな規犬(以下魔) ありますね。でもわたしは出てます。2ちゃんねるというチャンネルに。番組というかスレッドですが。まあ、テレビは、あるとすれば素人参加型番組には出れると思いますよ。事件とか扱うやつね。やる気次第ですよ。やる気というのが「殺す気」と書いたやる気かもしれませんが。麻原彰晃さんとかテレビに出続けてたでしょ。でも、出ればきっと、喜ばれることもあれば悲しまれることもあるでしょうね。

あなるちゃん テレビに出たら家族は喜ぶでしょうね。テレビの話が来ることはあるんです。でも、結局破談になるんです。名前とキチ○イっぽいのが最終的にダメみたいです。それを売りにしてやっているんですけどね。

──テレビに出るには芸能事務所なんかに所属したりするのがはやいと思うんですが、それもされてないですね。

魔ゼルな規犬 事務所っていうと、なんかヤクザみたいですからね。まあ、自分は全部自分でやってます。一応人間大學レコードというキチ○イばかりが所属するレーベルには入ってますが。もし大手事務所に入れるとしてもアーレフとかは嫌だな。

あなるちゃん あなるちゃんという名前と、今やってることをやり続けてもいいという条件なら芸能事務所入ってもいいですけど。

mazer1.jpg

──普段テレビは見るんですか?

魔ゼルな規犬 見ますよ。人並みに。天気予報とかね。あとやっぱり事件ですね。素人参加型番組という感じで面白いですからね。

あなるちゃん わたしもよく見ます。以前、精神の病気で療養生活をずっとしていた時はテレビばかり見ていました。テレビを見ながらチャットするんですよ。テレビはドラマとか好きでしたよ。韓流ドラマとか見ていました。バラエティだと「さんまのからくりテレビ」とか「スマスマ」とか。アニメとかも好きですよ。でも、音楽番組は見ないですね。小さい頃は見ていたかもしれませんけど。自分の活動として音楽をやっていますけど、テレビの影響で始めたというより、日常生活の影響のほうが大きかったんです。バスの中でおばさんとかが話をしているのを聞くと、それが音楽に聞こえたり。

──テレビの"こういうところは嫌い"とかあるんですか。最近原発問題などで情報の隠蔽などがウワサされて、ネットではそういうところに嫌悪を持っている人も多いみたいですが。

魔ゼルな規犬 時間帯によって番組が偏るのとか嫌ですね。ニュースが始まると、どこのチャンネルもその時間帯はニュースばかり。そこがネットとの違い。あと、スポーツ番組とかも嫌いですね。もっと、サッカーをディスってばかりいる番組とかあれば見たいですけどね。

 情報の隠蔽とかに関しては、世界は過酷だから仕方ないんですよ。だって股間だって映らないわけじゃないですか。あれも隠蔽されているんですよ。あなただって映らないでしょ。同じですよ。隠蔽されているんです。人間のやるものだからそりゃ映したくないものは映さない。いろいろなものの見方をされることがあると思いますが、わたしはテレビは嫌いではないですよ。たとえば、吉本興業なんかはすごい人たちの集まりだと思ってますよ。

──もし、自分たちの好きにテレビ番組を作れるとしたらどんなものを作りますか?

魔ゼルな規犬 布教活動をしますね。自分の。

あなるちゃん わたしも。あなるちゃんを広める番組を1日に15分枠くらいで作りたいですね。あなるちゃん語というのがあるんですけど、それで番組をしますよ。ぷきょヒョヒョ(笑)わたしはカゼッタ岡(*編注:宇宙人と交信する男といて有名)とかと普通に話をできると思うので。

mazer2.jpg

──テレビから話が逸れますが、ちなみに二人の出会いってどんなものだったんですか?

魔ゼルな規犬 2002年に長野のとあるライブハウスでわたしがナンパしたんですよ。その時、DJとあなるちゃんがパフォーマンスしていて、それが素晴らしくてね。声を使った演芸をしてたんだけど、自分もそういうのをやろうと思ってた時期で、競合していきたいと思ったんですね。偶然だけど、あなるちゃんと会った日にちょうど自分も、声を使ったパフォーマンスとか始めたんで、今になって思えば運命的な出会いだったと思いますよ。

あなるちゃん そうそう。それで、魔ゼルなさんがその当時、大阪にある難波ベアーズというライブハウスに三カ月おきくらいに出ていたんですけど、それに一緒に出ませんかと誘われて、その後、魔ゼルな規犬×あなるちゃんで出演するようになったんです。

──エピソードとして、お二人とも精神病院に入院という時期があったんですよね。

あなるちゃん ありました。わたしは2004年に入りました。3回くらい入院しています。もともと躁鬱病は持っていたんですけど、ある時ひどくなって、医者を信用して勧められるままに抗うつ剤を飲んでいたら、幻覚・幻聴・妄想とかがでるようになって、発狂してしまったんです。本当は鬱状態の時は鬱をあげて躁にする薬だから使用しない方がよかったみたいですね。医療保護入院。要するに強制入院でしたよ。

──具体的にどんな症状だったんですか?

あなるちゃん 幻聴とお話ししたり、感覚もおかしくなって、例えば、丸いものを触ったりしたら気持ちよくてイキそうになったりしました。気絶するんですよ。自殺衝動も出ました。死にたくないのに死のうとしたり、電車や車に飛び込みたくなったり。当時は誰かの助けが欲しくて、弟の部屋に置いてもらっていたんですけど、部屋でも発狂をくり返していました。自分は選ばれた人間で、声を上げることで地球が救われると思っていたんです。あとは、電話の中に悪魔が潜んでいると思って電話をぐるぐるまわしたり、いろんな人に電話をかけまくったり、投げたりもしました。躁鬱病の双極性I型障害だったんですけど、それに当てはまる人は、みんな躁のひどい状態を体験するんですよ。

──強制入院ということですが、それは結構拉致気味に連れて行かれるんですか?

あなるちゃん 最初、発狂するので、近所から苦情が来たんですよ。親が様子を見に来て、その頃わたし、親と関わると自分を殴るっていうおかしな行動に出てたんです。だから親と会わないようにしていたんですけど、見に来て、意味不明なことをぶつぶつ言い続けていたので、病院に相談されて、その後精神病院に運ばれました。タクシーで連れて行かれたのを憶えてます。立てない状態にあったので、診察を車いすで受けて、その後眠らされました。ベットで目が覚めたら、無理矢理拘束衣を着せられて、動けなくされていました。「わたしはこんなことさせられる筋合はない」とか叫んだんですけど、2日くらい拘束されて、その後落ち着いた後、閉鎖病棟に移されました。

mazer3.jpg

──魔ゼルな規犬さんの場合どうだったんですか?

魔ゼルな規犬 わたしの場合は、親族と揉めて入院させられましたね。2007年です。というのも、自分なりにおとしまえをつけなければならないと思い込んでいたことがありまして、自分でやっていたラジオで、指を詰めると宣言したんですよ。実行日時も決めて、マジに詰めると。それを親族が止めようとするので、「止めようとしたら殺すからな」と言ったら、警察に連れて行かれました。そして、親族があいつはおかしいから調べてくれという話になって、その後、病院に行こうとなったんです。自分の場合は、同意してついていきました。自分ではおかしいと思ってないんで、行って自分の正常を証明しようじゃないかと。それで病院でいろいろ説明してたら、「まあ、ちょっと横になろうじゃないか。ちょっと興奮してるようにも見えるから」と言われて、「安定剤だけちょっと打つね」と安定剤を打たれたんです。そしたらすぐに眠くなって、起きたら拘束具ですよ。次に起きたら救急車で、ああ、移動してるなって。その次起きたら保護室という隔離病棟の中にいて、結局措置入院させられました。

──中では娯楽はあるんですか?

あなるちゃん 本とかあったけど、たいしたものはなかったです。親に送ってもらっていました。テレビもあったけど、見たいものは見れなかったです。

魔ゼルな規犬 自分のところは、テレビはあったんですけど、1台しかなくて、チャンネル争いを牛耳っているやつが好きなものを見てました。外の世界が気になっていたので、自分は朝のニュースとかは、早くに起きて必ず見てましたね。精神病院だからといって、変わった番組が受けるとかは無かったですね。みんなが見てたのは、たわいもないものですよ。高校野球をやっていたら高校野球とかです。ラジオも聴いてました。ピストン西沢の番組を毎日チェックしてましたね。あとラジオの音声だけで、美輪明宏の「オーラの泉」もチェックしてたかな。病院にいても、オナニーとかもきちんとしてましたよ。保護室のときはヤンマガとかあって、グラビアのページだけこっそり切り抜いて部屋に持って帰って、シコってましたね。

あなるちゃん わたしは座っているだけでエクスタシー状態になってることがありましたよ。他の患者に話したら羨ましがられました。ちなみにオナニーは随分小さい頃からしてました。早かったんです。男性関係も10歳の時に20歳の人と初めて付き合いました。相手はセックスを求めてこなかったですけど、わたしは性的なことをしたいと望んでいましたね。その人のことがその後もずっと好きで、結婚したいと思ってましたから、その人がいなくなってからも純潔を守りました。だから初体験に関しては22になってからで遅かったです。

mazer4.jpg

──精神病院を出られてから、アンダーグランドの世界ではお二人とも人気者になりました。知名度もかなり高い方だと思います。今後の方向性など、目標はあるんですか? テレビ進出も含めて。

魔ゼルな規犬 テレビで生きていこうとは思ってないですよ。それは恵まれた一部の人なんですよ。そういった縁や枠があれば、もちろんいくとは思いますよ。出たくないとか、そういうこだわりは何も無いんです。強いて言えば、この子なんですけど(写真に写る魔ゼルな規犬の手にある人形)「超常現象なでこちゃん」をテレビに出したいというのはありますかね。

あなるちゃん できないことは多くなりそう。わたしはテレビには積極的にいきたくないというのがあります。好きなことがしたいっていう。

魔ゼルな規犬 まあ、コツコツといくしかないですよ。テレビに出れば、一時的に幸せになれるかもしれませんけど、我々のようなタイプは恐ろしく早い時間で消費されてしまうだろうし、それに依存するのは嫌ですね。わたしも好きなことを長くやっていたいですからね。
(取材・文=名鹿祥史/東京人物画)

●魔ゼルな規犬(まぜるなきけん)
2000年頃よりアングラシーンで活動する前衛音楽家・パフォーマー。馬のかぶり物がトレードマークだが、初期の頃は地蔵の被り物も彩色して持っていた。インディーズシーンでは過激な発言、パフォーマンスで絶大な人気を誇る。2008年に自身の携帯番号をタイトルに夫人のフルヌードを盤面に鏤めたフルアルバム「090-9170-6967」を発表。街中に貼られた「魔ゼルな規犬」ステッカーでも有名。オフィシャルHPはこちら

●あなるちゃん
宇宙県アジア市3次元村のウィスパーノイズ歌手。人間大學"在学中のアナリスト活動家。画家としての顔も持つ。今回の取材用に撮影した写真はあなるちゃんが手掛けたカレー屋の壁画の前で撮影。http://www.myspace.com/anaruchan

■魔ゼルな規犬紹介動画はこちら

■あなるちゃん紹介動画はこちら

『090-9170-6967 (完全版)』魔ゼルな規犬


2月22日発売予定!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週