>   > 

「半沢潰しか」24時間テレビ、到着遅れた森三中・大島のマラソンに疑惑の声


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

2013082624.jpg
※イメージ画像:日本テレビ『24時間テレビ』公式サイトより

 夏の風物詩にもなっている恒例の『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が24・25日に放送された。募金額は番組終了時点で過去数年を大きく上回る4億3605万4731円となり、平均視聴率も18.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調。最高視聴率は終了直前の午後8時51、52分の39.3%(同)だった。

 この注目度の高さは思わぬ余波を生んでおり、放送中に到着できなかったチャリティーマラソンランナーの森三中・大島美幸のゴールを緊急生中継した『行列のできる法律相談所』(夜9時~)が平均視聴率27.5%(同)と数字を爆アゲ。ここしばらく同時間帯で断トツの視聴率を誇っていた連続ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の29.0%(同)に肉薄する事態となった。

 ケガの功名ともいえる大島のゴール生中継だったが、これについて一部では「ヤラセだ」「半沢潰しか」との疑惑が噴出している。

「もともと今週の『行列』は大島のゴール後の様子を伝えるということで生放送の予定だったのですが、大島は脚を痛めているとはいえ終始歩いてばかりで予定より遅れる雰囲気が丸出しだった。とはいえ、歩いても本来なら放送時間内にゴールは可能。地方でよく開催されている100キロ遠足イベントでも、制限時間は16時間ほどですから、今回のマラソン距離88キロは歩いても余裕でゴールできる。それなのにわざわざ『行列』にまで到着を引きのばしたのは、半沢潰しだったと勘繰られても仕方ない。一部では、予想より高視聴率だったため局の判断で『チャンネルを変えさせないため』に番組またぎを急遽現場に命令したとの情報も流れています」(週刊誌記者)

 歩いても時間内にゴールできる距離だったが、マラソンという体裁のために途中で息が上がって何度も休憩を入れねばならず、痛めなくてもいい脚を痛めることにもなり、それが遅れる要因にもなった。むしろ「番組フィナーレにゴールするようなペースでゆっくり走ると余計に負担がかかる」という指摘もあり、これでは本末転倒といえる。そもそも、募金を募るために芸人が走ること自体が謎だ。これは『24時間テレビ』批判の要因になっている“感動を捏造する”というスタイルの最たる例ともいえるだろう。


『オレたち花のバブル組(文春文庫)』


来週、視聴率“倍返し”で

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週