>   > 

■Xcity15周年記念レジェンド女優特集 第2回

セックスありきのAV女優としてではなく、美貌とエロスと不思議な存在感で伝説となった美竹涼子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

mitake5.jpg
スレンダーで巨乳。どこか物憂げな表情にやられた人も多いはず。

 巨乳ブーム真っ只中の2002年。あの蒼井そらや今は懐かしき紋舞らんなどの美巨乳アイドルらと共にAV界に現れた美竹涼子。彼女の登場シーンは、今思いだしても印象的であった。

 美しい巨乳、美しいくびれ、美しい顔の3拍子を兼ね備え、デビュー前からブレイク間違いなしの太鼓判を押されるほどの逸材でありながら、AV専門誌をはじめ、当時売れまくっていたグラビア誌さえも取材NG。新人AV女優といえば、数少ないインタビューページを奪い合うのがお決まりであった時代に、彼女はあえてパーソナリティを明かすことをしなかった。

 ところが、彼女の名前は瞬く間に世間に広まっていった。毎週のように週刊誌のグラビアページを飾り、電車の中刷り広告に彼女の名前を見ない日はなかったほど。満員電車の中、ミステリアスな表情で微笑む謎めいた美少女の姿は、AVユーザーのみならず多くの人々の関心を誘い、彼女はAV女優としては珍しい9冊もの写真集を世に残すこととなった。

 セックスありきのAV女優としてではなく、美貌とエロスと不思議な存在感が彼女を人気ヌードモデルへと昇華させたのだ。

mitake02.jpg

 そんな彼女のデビュー作『初熱してる。』は、神秘のベールに包まれた18歳の美少女の魅力を見事なまでに浮き彫りにした奇跡の逸品。

mitakePK.jpg
『初熱してる。』美竹涼子

 細いジーンズを履きこなし、肩まで伸びた髪には青いバンダナ。背中には大きなバックパックを背負い、うつむきがちに廃路線の上を彷徨い歩く訳あり顔の美少女。彼女は一体何者だろう? なぜそんなにも寂しい目をしているのだろう? それとも何かを探しているのだろうか? 新人女優のデビュー作というよりは、単館上映のロードムービーを思わせる型破りなオープニングに、当時のAVファンは皆首を傾げ、そしてその数分後には虜にされていった。

「凄い緊張しています。それしか言うことがありません」

 印象的なオープニングムービーが終わり、場面は本番直前のスタジオに。幼さを残す丸い頬ではにかむ18歳の美竹涼子が最初に発した言葉がこれである。

 ベッドに誘われ、触られただけで緊張のあまり身動きがとれなくなってしまった彼女。その後はほとんど会話を交わすこともなく、薄い唇から洩れるのは微かな喘ぎ声のみ。男の手で薄いキャミソールをはぎ取られ、ようやく露わになる素肌はあまりにも華奢で、今にも折れてしまいそう。その姿に保護欲を掻き立てられもする。何故、彼女はここに辿り着いてしまったのだろうと。

mitake4.jpg

 初めてのセックス。それでも痛々しく見えないのは彼女が発する神秘的なエロスのためだった。時折、唇を噛みながら苦悶に歪む表情が、18歳とは思えないほどに悩ましく、ピストンされる度に激しく揺れる艶っぽい乳房に視線が吸い込まれてしまう。

「激しくしたら傷ついちゃいそうだね」場面が変わり別の男が彼女の躰に触れたとき、そう発した彼の一言にピンとくる。今にも壊れそうな危うさこそが彼女の魅力なのだと。

 そんな美竹涼子は人気絶頂の最中、わずか2年半という活動期間を持ってAV界を去っていく。最後まで素顔を晒さないままで、す~っと一般社会に溶けて消えてしまった。だからこそ、彼女の存在を思い出すたびに、ミステリアスな魔力に思う存分虜にされる悦びを味わえる。

 デビュー作のラストシーンは、不思議なオープニングムービーの続き。最初とは打って変わり元気よくこちらにむかってかけてくる彼女がみせたシャイな笑顔は、意外な程に聡明で、彼女の強さをうかがわせる。どちらが本当の彼女自身の顔なのか、今となってはもう分からない。けれども、分からないから何度でも探ってみたくなる。では、そろそろ再生ボタンをもう一度......。

mitake3.jpg

 さて、彼女の作品を味わいたくなったら総合アダルトサイト「XCITY(エックスシティ)」にてどうぞ。今では手に入りにくいデビュー作は勿論、意外な表情を堪能できるコスプレ作品『ようこそMax Cafeへ!』、目隠しプレイで狂おしい快楽を貪る『Silent Letter』など話題となった傑作も全て高画質で鑑賞することが可能だ。

 現在、XCITYでは、創業15年を記念し「レジェンド女優特集」ページを開設中。1996年から2011年までの間に活躍した女優を各年代より5名づつセレクトし、各年代で最も活躍し、記録にも記憶にも残る、AV界に功績をもたらした女優1名を取り上げる構成となっている。この機会に彼女のみならず、往年の名女優たちの名作に触れてみて欲しい。
(文=文月みほ)

●美竹涼子特集記事:http://xcity.jp/15th/2002/#mitakeryouko
●プロフィール:http://xcity.jp/idol/detail/?id=1365
●おすすめタイトル:「初熟してる。」http://xcity.jp/avod/detail/?id=6040

■XCITYメインページ http://xcity.jp/

■Xcity15周年記念レジェンド女優特集
【第1回】「嘘をつきたくないから」常に最高のパフォーマンスを見せた女優・夏目ナナ



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週