>   > 

メンズサイゾー・リコメンド漫画

史上初!? ゲロを吐く可愛すぎるクーデレ・ヒロイン誕生!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

51VWEWiYaeL._SS400_.jpg
『ハルシオン・ランチ 1』著:沙村広明/講談社

 デビュー作であり代表作でもある、不死の肉体を持つ男を主人公にしたネオ時代劇『無限の住人』(講談社)で、熱狂的なファンを獲得した沙村広明。この作品は、1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、また英語版も02年にアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞し、高い評価を得た。もちろん、この作品は沙村の一側面でしかない。よりファンを絞り込み先鋭化した、被虐的な「責め絵」をテーマにしたイラスト連作『人でなしの恋』があるかと思えば、怒涛のネーム量、しかしテンポの良い、竹易てあし名義による『おひっこし』『少女漫画家無宿 涙のランチョン日記』といったコメディ作品も発表している。

 『無限の住人』『人でなしの恋』などの、鉛筆から描き出される繊細なタッチだからこそ表現できる「痛さ」の伝わる写実的な残酷描写、主にコメディタッチの作品で見せる、コマ内で一見無意味な(に思える)伏線を波状で掛け続けるという手法は、ドラッグ的な、一度ハマると抜け出せない魅力に溢れている。元々、同業の作家や編集者のファンが多く、いわゆる"業界ウケ"は異常に良い。(ゆえに一般的知名度を上げる妨げになっている気がしないでもない)寡作とまでは言わないものの、決して大量生産型でない作者、待望の最新作『ハルシオン・ランチ』(講談社)がついに発売された。ジャンルはコメディ!  

 ひと言でコメディとはいっても、この作家の手にかかれば、一味も二味も違うものに。内容は、「人生に負けた」とつぶやきながら、河川敷で食料を調達すべく釣りに勤しむ元会社経営者(ナイスミドル!)の前に、突如現れる謎の美少女ヒヨス(ロリ・つり目・クーデレ*注)。不思議な箸で、リアカーから人間まで一瞬で食べてしまうその少女の正体は、宇宙から来た奇妙な存在だった(宇宙人ではない!)。
*注:普段はクールで、親しくなると可愛らしい一面を見せる

 ちなみに、帯の文句は「地球外美少女がイート&オート!?」。オート=嘔吐! 嘔吐するヒロインなんて、漫画史上初ではなかろうか。しかも、その食べたものは、吐き出されることで再構築され、別の物体として出現する。この「再構築」というのがクセもので、元の姿のままで甦るわけではなく、ホラー映画『THE FLY』(デイビッド・クローネンバーグ監督)の転送失敗ver、もしくは『遊星からの物体X』(ジョン・カーペンター監督)のようなグロテスクな生き物に近いカタチで......。

 この適度なグロ感と、且つ作者の解釈での萌え要素(チャイナ系の衣装は最早マスト!)、分かる人は思わずニヤリとする小ネタ(ジョジョ、Twitter、ド○ラ、うま○棒、お姉チャ○バラetc)もフンダンに盛り込まれており、これに沙村さんの圧倒的な画力とくれば、面白くないハズがない。

 とりあえず、いちファンとして、この巻が大ヒットし、次巻の巻頭カラーに、八戸市の美人市議・藤川ゆりのグラビアが載ったりするミラクルを願っています!!
(文=深野雅屋)

『ハルシオン・ランチ 1』著:沙村広明/講談社


たとえ完結しなくても応援します!

amazon_associate_logo.jpg

『シスタージェネレーター 沙村広明短編集』著:沙村広明/講談社


割とライトな沙村ファン向けか

amazon_associate_logo.jpg

『竹易てあし漫画全集 おひっこし』著:竹易てあし(沙村広明)/講談社


傑作! 『少女漫画家無宿 涙のランチョン日記』収録!!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ

アイテム関連トピック

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS