>   >   > 

いつか本物のエースになるその日まで

女優オーディションでプロレスデビュー! "エース"松本都インタビュー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

DSC_0359.jpg

 松本都(まつもと・みやこ)という女子プロレスラーがいる。

 かつてFMWなどで活躍したレスラー・さくらえみ氏が率いる団体"アイスリボン"に所属する若手で、レスラー業のかたわら雑誌グラビアのモデルや女優業もこなす、美貌の選手である。ベースボールマガジン社の女子プロレスカード"TRUE HERT"に記載される松本都の説明文を見ると、「運動能力、体格、及び技術面で飛びぬけたものは無いが、『女子プロレスのエース』を自称する強烈な自意識の持ち主」とある。なんだか、ずいぶんな言われような気もするが......。

DSC_0049.jpg
これが件の女子プロカード

 どうして「飛びぬけたものは無い」女子がレスラーをやっているのか? 本人にその自覚はあるのか? 疑問を解決すべく、インタビューを敢行した。

──おはようございます。先日の試合(10・12アイスリボン 北沢タウンホール大会)、すごく熱かったです。今日はよろしくお願いします。

松本都(以下、都) ありがとうございます。あの試合は、残念ながら僅差で負けてしまいましたが。 よろしくお願いします。

──「エース!」って声援を受けてましたね。あれ、あだ名ですか?

 いいえ、紛れもなくエースです。自他共に認めてます(笑)。

──あまり6人タッグでピンフォールを取られるエースって見たことない気がしますけど、深くは突っ込まないでおきます......。そもそも、なんでプロレスラーになったんですか? 子どもの頃からの憧れとか?

DSC_0038.jpg
こんなに可憐なコがプロレスラーだなんて

 憧れどころか、プロレス自体、全く見たことがありませんでした。わたし、女優になりたくて、日大藝術学部の演劇学科を卒業してるんです。

──三谷幸喜さんとか蒼井優ちゃんも在籍してた名門ですね。

 在学中から少しずつ芸能的な活動をしていたところ、去年、知人に映画のオーディションを受けないかと誘われまして。ぜんぜん内容を知らないまま応募したのが、テレビ埼玉のバラエティ番組『マッスルヴィーナス』連動企画のプロレス映画『スリーカウント』でした。2次審査まで進んだら、オーディション会場で「合格条件はプロレスラーとしてデビューする事」って発表されて、もう「え~!?」って。

──その時点では、まだ試合を見たことがなかったんですよね?

 プロレス観戦は、オーディション後にNEO女子プロレスさんの試合を観させて頂いたのが初めてでした。 すっごい怖くて「こんなの無理だぁ!」って感じでしたけど、せっかくいただいた話だし挑戦はしてみようと。

──急にプロレスやれって言われても体がついていかないんじゃないですか? スポーツ経験とかありました?

DSC_0371.jpg

 ダンスの経験なら少々(笑)。最初は、腕立て伏せ10回もできませんでしたね......。でも、一カ月ぐらいのトレーニングで本当にデビューしたんです。

──それはまた強行スケジュールですね。映画撮影の都合ですか。

 はい。去年の8月にプロレスデビューして、8月から9月にかけて撮影でした。

──出演の条件は"デビュー"って話でしたよね。その後は?

 デビュー後も半年間は続ける約束だったので、頑張りました。

──悩みませんでした?

 それなりには悩みました。痛いし大変だし、色々とカルチャーショックなことばかりで。

DSC_0004.jpg
強くてカワイイってのは周囲に妬まれそう

──それはそうですよねえ。その間、試合にはかなり出てるんですか?

 出ていたのは、週1から月1くらいのペースです。自分の試合がない日も、勉強のため先輩のセコンドにつかせて頂いたりしてました。

──結局、映画公開を過ぎた今でもプロレスを続けていますよね。なぜ?

 最初は色々と大変でしたが、やるからにはトップ目指さなきゃって思った途端にふっきれました。今や、毎日国内外の色んな資料や雑誌や試合映像を見漁っているくらいのマニアです(笑)。他にこんなに楽しいことはないって感じるようになったので、いつ止めるとかは考えていません。体も別人のように変わりましたね。試合の翌日はベッドから起きられなかったのが、今は普通に連戦や練習なども出来るようになって。アザなども出来にくくなり、人間としてもの凄く強くなったと思います。

──人間、変わるもんですね。最後に、松本さんのレスラーとしての目標や、何かメンズサイゾー読者の方に伝えたいことがあればお願いします。

 プロレスラーとして自分の冠興行「都祭り」の東京ドーム開催を目指して突っ走ります! プロレスは最高に面白いスポーツ・エンターテイメントです。観たことがない方は是非一度会場に足を運んでみて下さい。きっと、カルチャーショックを受けます! 

 夢を語る彼女の顔は、完全に本気。

 周囲の期待が人を成長させるとはよく言うが、からかい半分に使われる呼び名"エース"が名実ともに本物になる日も、いずれ来るのかもしれない。
(取材・文=瀧昌臣)

◆松本都(まつもと・みやこ)
女優・タレント・プロレスラー。85年4月11日生まれ、東京出身。
blogはこちら

◆松本都出演舞台 DOGA DOGA plus『贋作 人形の家2009』
・作&演出:望月六郎
・日時:11月12日(木)~11月16日(月) 19時開演
・会場:浅草東洋館
・チケット料金(全席整理番号自由席。当日の三日前まで御来場日時変更可能)
 一般:前売4,000円/当日4,500円
 学生:前売3,000円/当日3,500円
・お申込は、チケット担当・石井【ishiirow1207@yahoo.co.jp】 まで。お名前、日時、枚数を明記の上、件名を「ドガドガチケット」としてご連絡下さい。(お申込後も、公演3日前まで日時変更可能)

◆女子プロレス団体"アイスリボン"
松本都 参戦予定試合
・アイスリボン大阪大会
11月23日 13時~/大阪ミナミ・ムーブオンアリーナ(堺筋線日本橋駅より徒歩3分) /RS席4,500円/指定席4,000円/自由席3,000円 ※当日チケットは各500円UP

・新春リボン新木場大会
2010年1月4日 12時半~/新木場1stRING(新木場駅徒歩5分)/指定席3000円/自由席2500円 ※当日チケットは各500円UP

・お申込は全て、日時・お名前・席種・枚数を明記の上、チケット担当・石井【ishiirow1207@yahoo.co.jp】 まで。

『渋谷系女子プロレス(1)』(DVD)


1%の真実と99%のファンタジー!

amazon_associate_logo.jpg




今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週