> 

子門仁の記事一覧

仕事柄、筆者は風俗で働く女性に数多くインタビューしているが、先日、引き際、つまり辞め時についての話になった。 この業界の女性の多くは、「目的を達成した時」が引き際だと思っていたりする。それは例えば、借金を返済した時や留学費用を達成したりなど。また、親や友人に風俗店で働いていることがバレる“身バレ”が原因になることも多い...


老舗と呼ばれていた店が閉店したかと思えば、コンセプトを持った新店が続々とオープン。昨年あたりから、これまでになかった動きが見られるようになった日本一のソ...

続きを読む

日本では各地の条例によって新規で店舗型の風俗店をオープンすることは難しい。しかし、数カ所ほど許可されているエリアがあり、そのひとつが愛媛県松山市にある観...

続きを読む

続きを読む

風俗遊びでユーザーが女のコを選ぶ時のポイントとなるのが、サイトに掲載されているプロフィールだ。受付がある風俗店の場合は、これに写真パネル(指名写真)が加...

続きを読む

続きを読む

風俗で働く女性をインタビューする機会が多い筆者だが、いろいろな話を聞いていると、流行が見えてくることがある。たとえば、プライベートの趣味を聞くと、少し前...

続きを読む

先日、二十数年ぶりに静岡県熱海市を訪れた。ここまで間隔が空いてしまえば、当然ながら当時の記憶はほとんどなかった。 熱海といえば、日本を代表する観光地とし...

続きを読む

続きを読む

風俗店では、集客キャンペーンのためにさまざまなイベントを開催している。やはり一番多いのは割引キャンペーンで、通常価格よりもお得に遊ぶことができる。 次い...

続きを読む

続きを読む

早起きして、出勤前に興味あることを勉強したり趣味を楽しむことを『朝活』というが、ライフスタイルとしてすっかり定着したようだ。たとえば、都内を中心に急増し...

続きを読む

男性の下半身の悩みごとのひとつに、包茎に関することがある。あるデータによると、剥けば亀頭が露出する仮性包茎と完全に被っている真性包茎を含めて、日本人成人...

続きを読む

1年間頑張った自分へのご褒美として、年の瀬に高級店で遊ぶ風俗ユーザーは多いのではないだろうか。 この“高級店”という呼び方は、120分コースで総額5万円...

続きを読む

最近、風俗業界では裏方として入店する女性が増えている。主役である女のコたちを支え、客に極上のサービスを提供するための陰の主役でもある。そんな、風俗業界で...

続きを読む

子供のころは、クリスマスシーズンになると、サンタクロースに何をプレゼントしてもらおうかとワクワクしたものだ。そして、もしかしたら夜中に目が覚めてサンタク...

続きを読む

続きを読む

現在、全国的に多くの人妻系風俗店が存在するが、ユーザーがこのジャンルに求めるものは、大きく分けてふたつあると思う。 まずひとつ目は、不倫気分を堪能するこ...

続きを読む

早いもので、今年も残すところあとわずか。元号を意識せざるを得ない話題もあって、平成も28年になるのか、と感慨深くもある。 さて、風俗業界では“平成生まれ...

続きを読む

風俗で遊ぶ時に店を選ぶ基準は人それぞれで、またジャンルによっても異なってくるだろう。まず考えるのは予算で、続いてはサービス内容、女性のタイプといったとこ...

続きを読む

ソープランドを始め、ファッションヘルスやデリバリーヘルス、イメージクラブやSMクラブなど、さまざまなジャンルの店が存在する“風俗大国”日本。 片やお隣の...

続きを読む

風俗では割とスタンダードな“羞恥プレイ”だが、その恥ずかしさのポイントは人それぞれ。 全裸姿をジッと見つめられることだったり、存在を完全に無視されての放...

続きを読む

続きを読む

女性の肌が露出している部分が多いほど、興奮度も高くなりがちだ。風俗で言えば、まずシャワーの時点で裸になってしまうし、プレイでは言わずもがなで、露出度云々...

続きを読む

続きを読む

サービス産業でもある風俗では、客は受け身になることが多い。SMで客がSになったり、攻守交代で女性を攻めることなどを除けば、基本的にはどのジャンルでも客が...

続きを読む

先日、知り合いの風俗サイト編集者から「最近、ラバープレイにハマっている」という話を聞いた。最初は、ラバープレイ…Loverで愛人系、つまり不倫気分を楽し...

続きを読む

続きを読む

アダルトビデオを観ていると、体験したくなるシチュエーションがあるものだ。 たとえば、ある出張族がビジネスホテルにマッサージを呼んだら、めちゃくちゃな美人...

続きを読む

20数年前、タイのバンコクで現地の風俗としてゴーゴーバーに連れていってもらった。 このゴーゴーバーは、タイやフィリピンでよく見かけるもので、一見するとデ...

続きを読む

繁華街に「忘年会の予約承ります」というポスターを見かける季節になった。最近では経費削減などの理由で少なくなっているようだが、かつては盛大に行われていたも...

続きを読む

続きを読む

ここ最近、飲食業界でよく使われるキーワードに“ちょい”なるものがある。たとえば、ラーメンの残りスープに、ほんの少しのご飯を入れる“ちょい飯”や、規定の食...

続きを読む

続きを読む

風俗利用者の高齢化が進み、若者は減少、総じてユーザー人口が減っているといった話はよく聞くが、最近ではキャバクラの利用者も減っているのだという。悪質ボッタ...

続きを読む

風俗の王様ソープランドといえば、豪華なドレス姿でのお出迎えのイメージが強い。しかし、先日、吉原で、この流れを覆すソープランドに出会った。 それが10月に...

続きを読む

風俗で女のコを選ぶ基準にルックスは重要で、ましてや初めて利用する店であれば、なおのことだろう。 ルックスを知るには、店の公式サイトなどのプロフィール写真...

続きを読む

続きを読む

風俗だからこそ体験できるプレイというものがある。それは、医療系のグッズを使うナースプレイだったり、アダルトビデオでよく見るような顔射やイラマチオといった...

続きを読む

続きを読む

老舗が摘発されたり閉店に追い込まれたりと、ここ最近 揺れ動く日本一のソープランド街・吉原。それでも、リニューアルオープンや新規オープンする店もあって、訪...

続きを読む

風俗店を利用するタイミングのひとつに、飲み会の二次会がある。酔った勢いで、その日はそんな予定すら立てていなかったのに、“つい”なんて人も多いのではないだ...

続きを読む

続きを読む

サービス内容から“風俗の王様”と呼ばれるソープランド。そのルーツを辿ると、江戸時代の遊郭になる。 たとえば、日本一のソープランド街として知られている吉原...

続きを読む

アダルトビデオやポルノ映画の定番に新婚人妻モノがある。結婚したばかりの若妻が主人公で、淫らな姿を見せたり、義父と禁断の関係を結んでしまうといった内容だ。...

続きを読む

アダルトビデオの影響が大きいのだろうが、女王様や痴女にはスレンダーなイメージがある。ボンデージやビスチェなど身体にフィットするコスチュームの形状を考える...

続きを読む

先日、知り合いとの会話の中で、息子が高校受験を控え、進路指導などが始まり大変だという話になった。二十数年前に学生生活を終えている身としては懐かしい話…と...

続きを読む

続きを読む

当たり前ながら性癖は人それぞれで、それによって選ぶ風俗も変わってくる。どちらかといえば受け身派な筆者の場合は、女王様専科のSMやM性感といった、客がM側...

続きを読む

個人的に最近面白いと思っている風俗街が、兵庫県神戸市の福原だ。関西地方を代表するソープランド街だが、この数年でイメージプレイに特化した店が増えている。 ...

続きを読む

風俗などで女のコから年齢を聞かれ、「何歳だと思う?」と客が聞き返すシーンは定番だ。この際、嬢は実年齢よりも年上に答えないようにしなければいけないが、風俗...

続きを読む

続きを読む

この十数年で、秋葉原の印象はガラリと変わってしまった。以前は電気街として、その後はオタク系の店が増えたり、メイド文化が栄え、萌えの街というイメージがすっ...

続きを読む

風俗店でのコスチュームやアダルトグッズなどのオプションは、コンセプトや個性を表すものとして重要だ。“無料オプション”としてあらかじめコースに組み込み、そ...

続きを読む

続きを読む

風俗の魅力のひとつは「男の夢が叶う」こと。その代表例ともいえるのが、一度に2人、3人の女性を相手にする複数プレイだ。 いわゆる3Pや4Pと呼ばれるものだ...

続きを読む

続きを読む

よく「エロは万国共通」などと言うが、国民性というものがあるのも確かだ。 筆者には外国人男性の知り合いが何人かいるが、好みの女性の話になると、意外なところ...

続きを読む

実りの秋は風俗ユーザーとしても収穫期だ。それは、大学生・短大生の夏休みが終わったことが大きく影響している。たとえば、旅行などで浪費をしてしまい、その結果...

続きを読む

3組のうち1組、これが日本における離婚の割合だといわれている。そして、この離婚を理由に、風俗業界に転身する女性も少なくない。 つい最近、バツイチ女性のみ...

続きを読む

吉原には行きつけのソープランドがいくつかあるが、先日、そのうちのひとつ『S」という熟女専門ソープに行った。 ところが、店に入ると、いつもと何かが違うと感...

続きを読む

言葉というものは、その時代に沿って生まれたり、逆に廃れていくものだ。また、若者の間だけで使われたりする言葉は、年配者にとっては分からないものも多い。 た...

続きを読む

続きを読む

風俗通いが長いユーザーほど、プレイやオプションに対して“もっと○○だったら”といった欲求が生まれてしまいがちだ。 こういった“願望から生まれる少しの刺激...

続きを読む

続きを読む

40歳も過ぎれば、気になり始めるのが下半身事情だ。 勃起能力などは分かり易くが衰える。風俗などで、感じてはいても硬さがイマイチだったりすると、お相手の女...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週