>  > 3ページ目

子門仁の記事一覧(3ページ目)

若くて美形の女のコに会いたければ、オナニークラブ(以下、オナクラ)などのライト風俗と呼ばれるジャンルがオススメだ。 このジャンルの店の多くが「(女のコが...

続きを読む

大人になった今、「なぜ子どものころって、あんなことを真剣に考えていたのだろうか?」と思うことがある。たとえば、「透明人間になったら何をするか?」や「催眠...

続きを読む

続きを読む

物事にはなんらかの“お約束”的なことがあったりするが、それが崩れた時に刺激的なことが起こりもする。それは、風俗においても…。先日訪れた埼玉県某所のソープ...

続きを読む

20数年風俗ライターをしていて感じるのは、「常に風俗は進化する」ということ。生き残りをかけ風俗店は工夫を凝らし、ユーザーに飽きられないように努力を続ける...

続きを読む

続きを読む

風俗ライターとして関東圏は守備範囲だが、距離的なこともありほとんど知識がない場所が群馬だった。ネットで調べると、どうやら群馬風俗は派遣型がほとんどで、密...

続きを読む

風俗業界にもトレンドというものがある。たとえば、都内及び近郊で最近オープンした風俗店の多くが取り入れているのが、『即プレイ』だ。 この即プレイの代表的な...

続きを読む

現在、テレビ業界はすっかりハーフタレント(もしくはクォーター)天国になってしまった。復帰がささやかれるベッキーはさておき、ローラやダレノガレ明美、マギー...

続きを読む

風俗の醍醐味は非日常感にある。AVで見たようなことを妻や彼女にはできないが、風俗では簡単に再現できたりする。つい先日も“店舗型風俗店ならでは”のそういっ...

続きを読む

続きを読む

風俗ライターである筆者は、普段は都内を拠点としているが、プライベートでの風俗遊びを兼ねて全国へ足を運ぶ。特によく訪れるのが、関西方面、大阪だ。 現地での...

続きを読む

続きを読む

若者の風俗離れは今に始まったことでもなく、四十代後半に差し掛かった筆者が待合室で最年少ということも珍しくない。客の多くが五十代くらいで、中には還暦オーバ...

続きを読む

ワンコインといえば、日本では主に500円硬貨を指すことが多い。ワンコインランチなどが有名だが、とにかく“安い”の代名詞だ。振り返って風俗業界を見渡すと、...

続きを読む

続きを読む

風俗通いで、“いかんともしがたい”のが女のコのスケジュールだ。いわゆるシフトというやつだが、これが合わないと自分のお気に入りのコには会えない。当たり前と...

続きを読む

続きを読む

この春に社会人デビューした人も1カ月が過ぎ、そろそろ新しい職場に慣れたころだろう。この時期の新入社員を揶揄するフレーズに「まだ学生気分が抜けてないんじゃ...

続きを読む

春眠暁を覚えず、なんだかすぐに眠くなる季節になりました。とくに昼食後にポカポカ陽気の中で、ついウトウトなんてこともあるのではないでしょうか。そんな昼下が...

続きを読む

関西の代表的な風俗街というと、まずは大阪の難波を中心としたミナミに梅田、ソープランドが密集している兵庫県神戸市の福原、同じくソープ街である滋賀県の雄琴と...

続きを読む

客である男性が、風俗で働く女性に求めるものは人それぞれだろう。ルックスを重視する者もいれば、テクニックを求める者もいる。また、最近では癒しを求める者も少...

続きを読む

先日、取材で関西方面に行くことになり、せっかくの遠征なので風変わりな風俗店を探してみることにした。情報収集のため、地元の風俗サイトを手掛けている知人に話...

続きを読む

続きを読む

4月に入り、天気は安定しないものの、汗ばむ日も出てきた。筆者は、街で汗ばむと風俗店に駆け込むことがある。それは、女のコにシャワーで汗を流してもらってスッ...

続きを読む

続きを読む

先日、最寄りの駅の窓口に大行列ができていた。この季節の風物詩である、定期券購入のための列だった。この時にフト思った、「風俗店にも定期券があればイイのに!...

続きを読む

先日、あるデリヘルの店長との会話の中で、「つくづく風俗業界の流れは速い」という話になった。たとえば、オプションとして定着した感のある電マも「出尽くした感...

続きを読む

風俗の王様と呼ばれるソープランド。その中でもさまざまなジャンルに分かれるが、『熟女ソープ』というものがある。文字通り熟女の泡姫のみが在籍するものだが、そ...

続きを読む

仕事プライベート問わず、北は北海道から南は沖縄県まで全国の風俗店を体験してきた筆者。だからこそ、同じジャンルであっても東西で内容の違いなどに気付くことが...

続きを読む

ある風俗系ポータルサイトの編集長と話している時、「風俗としてのジャンルは出尽くした感がある」という話になった。たしかに、ここ数年新しい風俗にはお目にかか...

続きを読む

続きを読む

現在40代半ばの筆者が小学校高学年だったころ、クラスメートの女のコへのスカートめくりが流行っていた。純白パンティと嫌がる女子を見て燃えてしまったクチで、...

続きを読む

無類の風俗好きである筆者だが、やはり苦手なプレイはある。それが『アナル舐め』だ。舐めるのではなく、舐められることが苦手なのだ。くすぐったいだけで、まった...

続きを読む

男性スタッフに「お待たせいたしました」と促され、入口のカーテンが開くと、ドレスに身を包んだ女性が立っている…。ソープランドでよく見るシーンだ。 筆者はこ...

続きを読む

『たっぷり食物繊維☆根菜のキーマカレー』『チキンのカラフルバジル炒め』『牛肉とじゃがいものハッシュドチーズ煮込み』…まるで日替わりランチのメニューのよう...

続きを読む

続きを読む

先日、初めて茨城県水戸市を訪れた。もちろん、所用が済んだら現地の風俗を堪能するつもりだった。 知人の編集者の情報によると、水戸市には天王町という地域にソ...

続きを読む

続きを読む

風俗を利用する際の楽しみのひとつに“コース選び”がある。お店の特徴が出たプランや象徴ともいえるアイテムを選ぶ時のワクワク感は、まさに風俗の醍醐味といえる...

続きを読む

個人的に、風俗の魅力は非日常的なプレイにあると思っている。その“非日常”が何かといえば、「日常生活ではあり得ないこと。本来、やってはならないこと」といっ...

続きを読む

続きを読む

風俗ライターという看板を掲げて仕事をしていると、さまざまな話が舞い込んでくる。先日は、某テレビ局の深夜番組から風俗特集のアドバイザーの依頼をいただいた。...

続きを読む

続きを読む

一口に『人妻」といっても、若妻、幼な妻、熟妻などさまざまだ。マダムにミセスに、最近は聞かなくなったが、ヤンママなんて呼び方もあった。 それにしても、この...

続きを読む

続きを読む

先日、ある取材で埼玉県の西川口を訪れた。西川口といえば、『NK流』と呼ばれる“ご当地サービス”を思い浮かべる人も多いだろう。1990年代後半に大流行した...

続きを読む

先日、小学校低学年の子どもがいる同級生と話していた時のこと。最近の子どもたちは、40代が子どものころにしていた、職業を真似た『○○屋さんごっこ』や、テレ...

続きを読む

続きを読む

日常生活ではなかなか実現しないことを楽しめるのが、風俗の醍醐味のひとつだ。 たとえば、女のコとのデートひとつ取っても、筆者の40代という年齢を考えれば、...

続きを読む

風俗遊びにおいて、避けては通れない問題のひとつに性病がある。自覚症状がなく自然治癒しないものも多く、薬局で販売している薬で治ることも少ない。実に厄介な存...

続きを読む

続きを読む

先日、知り合いの風俗嬢・ミオちゃんから相談を持ちかけられた。在籍していた店を辞めたので、どこか良いところを紹介して欲しいとのことだった。 風俗ライターを...

続きを読む

日常において、「コレをするのであればココ」といった“自分の中の決まりごと”は誰しもが持っているだろう。たとえば、「髪を切るのであれば、20年以上通ってい...

続きを読む

続きを読む

40歳を過ぎた頃から誘われなくなったものがある。それは『合コン』だ。これは年齢的なことだけではなく、「アイツは風俗が好きだから…」という理由もあるのだろ...

続きを読む

先日、取材で関西を訪れた筆者。仕事は無事に終わり、プライベートでの風俗遊びのため、現地の事情通から情報を集めることにした。こちらが求めたのは、ジャンルを...

続きを読む

風俗ライターをしていると、風俗で働いている女のコだけではなく、時折店長やオーナーに話を聞くインタビューの依頼がある。そういった場で「お店のPRをお願いし...

続きを読む

街から正月気分が抜けたかと思えば、すぐにバレンタイン一色だ。風俗で働く女のコが恋人だと一方的に思っている筆者としては、2月14日前後でもらえる義理チョコ...

続きを読む

風俗店における料金の支払いは、大抵が前払いだ。それゆえ、「まだサービスを受ける前なのに支払うことに抵抗がある」という人もいる。 また、派遣型風俗店などで...

続きを読む

続きを読む

個人的な感覚だが、冬になると恋しくなるもののひとつにお風呂がある。それは、風俗でのプレイにおいてもで、風物詩的なものだと思っている。 お風呂でのプレイと...

続きを読む

筆者はこれまで多くの風俗嬢をインタビューしてきた。その中では、お決まりの質問項目として「読者へのメッセージを…」というのがある。大抵の女のコは、「ぜひ、...

続きを読む

先日、1泊2日という強行スケジュールで四国某所を訪れた。もちろん風俗に行くつもり満々だったが、割ける時間は3時間程度だった。つまり、プレイができるのは1...

続きを読む

どんなことにでも言えるのだろうが、“ギャップ”には楽しさを演出したり、面白さを増長させる力があると思う。そして、それはエロスにおいても同じだ。たとえば、...

続きを読む

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週