【元デリヘル店長の回想録】理性が吹っ飛び、モデル系22歳の若妻と関係を持ってしまった話

 しばらくすると、彼女の方から


「もう入れさせてぇ…」


 と懇願された。


「いいよ。じゃあ、ちょっと待ってね」


 と、枕元にばっちり準備していた避妊具を取り出し、装着する。

 美春は、いきり立ったペニスを掴み、その上に腰を下ろした。

 大した愛撫もしてないのに、彼女の秘部は驚くほど濡れていて、ずぶずぶとペニスを飲み込んでいく。


あぁ…! うぅん…!!



 まだ動いてもいないのに、美春は体を震わせながらよがるように声を上げた。

 そして、腰を完全に下ろし、ハァハァと息を切らせて、腰をグラインドし始めた。

 リズミカルに腰を振る彼女に合わせて、こちらも腰を突き上げると


あっ、あぁっ! 奥っ…! いぃ…!


 子宮口を刺激するような感覚が好きな様で、奥に当たる度に美春はキャンキャンと喚いた。

永遠の愛を交わしたはずの人妻が、いま、はしたなく私の上で腰を振っている。


 私にとって、これ以上ない、最高のシチュエーションだった。

 他人のモノを奪うという感覚は、私にとてつもない高揚感を与えてくれた。

 息を乱しながら腰を振り続ける美春を押しのけ、四つん這いにし、バックから思いっきり突いてやる。


奥を刺激されるのが好きなら、バックも当然好きだろう。


 そう考えた私は、動物の様に激しく腰を打ち付けた。

 美春の喘ぎ声は、一層大きくなった。間違いなく、隣の部屋まで響いていたはずだ。


あっ、あっ! あぁぁ…!! もうっイクゥ!!



 美春の膣が痙攣すると同時に、私もピークを迎え、ゴムの中へどろどろとした精液が溜まる。

「あー…、すっごく気持ちよかった…」


 と、愉悦の表情を浮かべる美春。ふたりとも疲れ果て、しばらくベットでまどろむのであった。

men's Pick Up

風俗関連トピック