【元デリヘル店長の回想録】理性が吹っ飛び、モデル系22歳の若妻と関係を持ってしまった話

【今でも忘れられない、他人のモノを奪う感覚】

 我慢できなくなった私は、むさぼる様に激しく唇を重ねた。

 美春は驚いた様子もなく、舌を絡めて私からのキスを受け入れてくれた。

 美春はうっとりした表情で、


「いいよ…」


 と呟いた。

 すぐ後ろにあるベットに美春を抱え上げ、寝かせた。

 彼女の首筋をツゥと舐めあげると、

んぅっ…!


 と、いままで聞いたことがない、甘い声が狭い部屋に響いた。

 彼女の服をすべて脱がすと、白いスレンダーな体が現れた。

 腰や脚はモデルのように細く、小ぶりながらとても柔らかい胸は、私のペニスを勃起させるのに十分だった。


「ふふふ、気持ちよくしてあげる」


 艶やかな表情で、フェラチオの体勢に入る美春。

 しかし、舐めたのは竿ではなく、玉の方から。

 玉舐めというプレイは知っていたが、されたことがなかった私は、この気持ち良さの虜になった。

 敏感に反応する私を見て興奮したのか、美春のフェラチオにも熱が入る。

 ジュポジュポと下品な音を響かせながら、彼女は懸命にペニスを頬張った。

men's Pick Up

風俗関連トピック