社会

明治期から昭和初期まで信じられていた「オナニー害毒論」の驚くべき内容

明治期から昭和初期まで信じられていた「オナニー害毒論」の驚くべき内容
 明治時代にはさまざまな暴論や空論が猛威を振るったが、そのひとつに「オナニー害毒論」がある。  明治維新で成立した新政府は、日本をとにかく近代化しようと奮闘した。だが、そもそも近代化とはナンなのかがまるでわかっていなかった。とりあえず、何でもかんでも欧米の真似をしようということになった。近代化というより欧米化である。裸や裸足を「野蛮だ」と言われれば、警官が怒鳴りつけて服を着せ、靴をはかせると...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • デカイのは胸だけじゃない! 吉沢さりぃ、最新イメージ作でKカップと美尻Tバックを接写されまくる!!
  • 『ミス東スポ2017』特別賞・矢野冬子、初イメージ作品でDTを殺すセーター! きわどいシーン連発「皆殺し」セクシー!!
  • Gカップグラドル兼プロ雀士・篠原冴美、最新イメージ作で手錠をかけられ牢獄に入れられる「すごいインパクトのあるシーン」
  • 人妻だと思うとさらにソソる! 森下悠里、エッチすぎて「旦那さまには見せられない」ラストDVD!
  • 台湾出身のハーフ美女・YUMI、“お尻推し”グラビアデビュー!
  • 名峰“吉田山”の魅力(エロさ)再発見! 吉田早希、2年ぶりのDVDで「柔らかさが自慢」のHカップを揺らしまくる!!
  • 動くとすぐに飛び出しちゃうド迫力Gカップ! 「恵比寿☆マスカッツ」松岡凛、過激衣装でポロリ寸前
  • 現役“リケジョ”グラドル・菅井美沙、Fカップ美乳で同級生を誘惑! 4年ぶりのセーラー服に「ギリだと思う」

close