社会

明治期から昭和初期まで信じられていた「オナニー害毒論」の驚くべき内容

明治期から昭和初期まで信じられていた「オナニー害毒論」の驚くべき内容
 明治時代にはさまざまな暴論や空論が猛威を振るったが、そのひとつに「オナニー害毒論」がある。  明治維新で成立した新政府は、日本をとにかく近代化しようと奮闘した。だが、そもそも近代化とはナンなのかがまるでわかっていなかった。とりあえず、何でもかんでも欧米の真似をしようということになった。近代化というより欧米化である。裸や裸足を「野蛮だ」と言われれば、警官が怒鳴りつけて服を着せ、靴をはかせると...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「自分でもエロさ具合がヤバいなって(笑)」ぽちゃドル界のニューカマー、Hカップグラドル・天草七美
  • 「最初から結構脱いだので、突っ走った感じはしますね」スレンダー美女・宮脇麻那、ラストDVD!
  • “神のくびれ”を持つグラドル・古仲カナコ! ライバルは鈴木ふみ奈&川崎あやの両横綱
  • 縛られて“気持ちいいかも”って思っちゃった…Fカップグラドル・永井すみれ、ラストDVDで拘束プレー初体験
  • 上はジャージで下半身はホウキで隠し…非現実的なエロシチュエーションもなんなくこなす春野恵!!
  • 「超セクシーなのをやってみたい!」 “可愛すぎるアイドル”手塚せいあ、早くも脱清純派宣言!?
  • JカップグラドルがAカップ下着をつけ…うさまりあ、おっぱいフェチ必見のファーストDVD
  • 森下悠里、芸能生活12年目にしてTバック解禁! グラビアへの意欲は衰えず、目指すはアラフォーグラドル!?

close