カルチャー

江戸の性典にみる 「セックスの回数は何回が良いか」

 江戸時代というのは日本の長い歴史のなかでも、とくにさまざまな文化が開花した時期であることは、異論を待たないところであろう。セックスについてもしかりであって、江戸期になるとセックス関連の読み物をはじめ、解説書やガイドブックなどが数多く登場する。昭和34年刊の『日本艶本大集成』(魚住書店)にも、江戸時代だけで140点以上のセックスをテーマとした作品や文献が紹介されている。そのなかで面白いのが、セ...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 超軟乳Gカップグラドル・和地つかさ、「意識が朦朧として…」ポロリしたのかしてないのか分からないまま撮影
  • 「エロに前向き、前のめり!」永井すみれ、葉っぱをおっぱいと股間に貼り付けて…大胆なシーンにチャレンジ!
  • “最強合法ロリ”長澤茉里奈「しばらくはDVDを出さないと思います」! 集大成的イメージDVD『まりなーず伝説』
  • ロシア出身の美少女ブラダ、初水着でダイナマイトボディが露わに!
  • 「私、押しに弱くて断りきれないんです」 正統派グラドル・小島みゆ、極貧生活のワケは…
  • スレンダーボディにむっちりヒップで人気の松岡里英! 無職彼氏を立ち直らせるセクシー看護師に!!
  • 剣道で鍛え抜かれたボディ&Eカップおっぱいは必見! 現役女子高生グラドル・秋吉美来、“美少女伝説”ふたたび!!
  • 美尻クイーン・戸田れい、首輪&リードを付けてお散歩プレー!! 「私はドSだから男性に付けてみたいかも」

運営メディア

close