カルチャー

江戸の性典にみる 「セックスの回数は何回が良いか」

 江戸時代というのは日本の長い歴史のなかでも、とくにさまざまな文化が開花した時期であることは、異論を待たないところであろう。セックスについてもしかりであって、江戸期になるとセックス関連の読み物をはじめ、解説書やガイドブックなどが数多く登場する。昭和34年刊の『日本艶本大集成』(魚住書店)にも、江戸時代だけで140点以上のセックスをテーマとした作品や文献が紹介されている。そのなかで面白いのが、セ...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 恵比寿マスカッツのころは覚醒していた!? 児玉菜々子、本気で恥じらう表情が見どころの4年ぶりイメージ作品
  • 下町のマリリンモンロー・平塚奈菜、すっごいハイレグ水着でマッサージされ思わず悶える!
  • スレンダー美少女・船岡咲、ナチュラルな自分を曝け出した最新イメージ作品!!
  • 「露出はわたし史上最大!」アラサーグラドル・金山睦、フェミニンなシーンと女王様っぽいシーンとのギャップが楽しめる最新イメージ作品
  • 高身長Hカップグラドル・神宮寺かなん、おっぱいマッサージで“限りなくIカップ”に! 「ずいぶんハードになった」2ndイメージ作に注目!!
  • 「ノーブラは初めてだったんで面白かった」金髪ショートの大注目アイドル・篠崎こころ、2ndイメージ作品リリース
  • 「業界に慣れすぎて、眼帯水着に疑問を持たなくなった自分が怖い」和地つかさ、最新イメージ作で初心に帰って砂浜を走る!?
  • 「本当は飲めないのに白ワインを飲んで酔っぱらっちゃいました」高梨れい、規格外のHカップダイナマイトボディが堪能できる2ndイメージ作

close