>   > 

江戸時代の"粋"には陰毛除去が欠かせない!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

ikinikurasu0106.jpg
※イメージ画像:『粋に暮らす言葉』/イースト・プレス

 「メンズエステ」と聞けば、少し前までは、回春マッサージなどのエッチ方面が思い浮かぶものだった。しかし、最近は事情が変わり、ヒゲやスネ毛の永久脱毛や肌ケア、小顔にするためのフェイススリムなど、女性に負けないくらい"男性のための美容"が充実している。「男性もより美しく」が、世の風潮なのかもしれない。

 そんなメンズエステで、男性諸氏ならば首をかしげるのが陰毛除去だろう。しかも脱毛する範囲も種類があり、「陰茎脱毛」から「陰嚢脱毛」、はては「肛門脱毛」などがあるという。女性と違い、トランクスやボクサーパンツを愛用する男性ならば、よほどの剛毛でない限り、陰毛がはみ出すことはない。不要と考える男性も多いだろうが、陰毛処理は意外なことに江戸時代から日本に根付いていた習慣だという。しかも、当時は女性よりも男性の方が熱心に行なっていたそうだ。

 徳川将軍家のお膝元である江戸に住んでいた男性たちは、何か事件や騒動があると、着物の裾をたくし上げ、現場へ駆けつけていた。その際に尻側の裾は、腰に巻いた帯びまで上げるのが「粋」、つまり格好いいとされていた。これに対し「無粋」、「野暮」であるとされたのが、着用しているふんどしから陰毛がはみ出ていることだったという。そのため一般庶民の憩いの場であった風呂屋には、手入れができるように小さな石状の毛抜きや毛切りまでが用意されていたそうだ。

 また当時、男女で鑑賞できる娯楽として人気があった歌舞伎を見る際にも、陰毛処理は欠かせなかった。江戸の人々は、男性役が荒々しく啖呵を切りながら演目を行う"荒事"を好んだため、役者の演技が観客側にまで火を付けることが多く、観客同士のケンカにまで発展することが多かった。ケンカになると、もちろん男たちは着物を捲くし上げ、息高々に参戦するのが、「粋」とされ、この時に女性たちに自分の尻がいかに美麗に映るかを大変気にしていたそうだ。

 では、女性たちの手入れ事情はと言うと、自身の肌を美しく見せるのは余念がなかったが、陰毛に関してはそこまで気にかけていなかったという。しかし例外だったのは、遊郭や宿場で男性に性的サービスをしていた遊女たちだ。彼女たちは、自身の性器をより美麗にするために陰毛の処理を行なっていたとされる。また処理の際は、刃物で剃ると毛先がとがり、性行為で男性器を傷つけるため、カミソリなどの刃物ではなく、線香などで焼くか、毛抜きを使用したという。性器にまで及ぶきめ細やかな気配りは、彼女たちの人気の一端を担っていたのかもしれない。

 江戸時代に「粋」であるためには、欠かすことができなかった男性の陰毛処理。あまり手入れをしたことがないという人も、一度エステなどでちゃんとした処理を受け、「粋」な心意気の一端を感じてみてはいかがだろうか?
(文=南ハニワ)

(参考資料『図解 花のお江戸の色模様』/著:小菅宏/綜合図書)

『女ふんどし祭り』


出ている方がそそる?

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週