カルチャー

距離感はアイドル稼業のキモ!

「会いにいける」から「近所にいる」へ!? 「ご当地アイドル」はまさに戦国時代

 2度目の紅白出場を決めたAKB48。「会いにいけるアイドル」として出発した彼女たちも、ファンにとっては「雲の上の存在」になってしまった。彼女たちの出発点は、世界最大のサブカルチャーの発信地である秋葉原。ユニット名に地名を冠してこそいるものの、結局のところ、「地域に根ざしたローカルなアイドル」とはほど遠いものとなってしまったようだ。  さて、そんなAKB48の柳の下のどじょうを狙ってか狙わず...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • “美尻グラドル”今野ゆい、透け感たっぷりのメイド服&セーラー服に黒のガーターベルトで…大人セクシー路線!
  • 極上スレンダーボディと水着が食い込んだ尻! セレブキャラで人気の恵比寿☆マスカッツ・三田羽衣
  • 19歳とは思えない色っぽさ! 業界期待のFカップグラドル・上岡楓
  • これがラストだとは思いたくない…“尻職人”倉持由香、「全チャプターお尻推し」の最新DVD!
  • 小島みゆ、マネージャーNGのオープンブラ水着に挑戦! 最新イメージDVDで“大人セクシー”
  • Gカップおっぱいが上下左右にプルンプルン…現役女子大生グラドル・西堀智美
  • 「目を細めて想像してください」 “奇跡のロリ巨乳”和地つかさ、Gカップおっぱいがあわや…!?
  • 「夜のベッドのシーンはオススメ♪」 美尻クイーン・安枝瞳、最高傑作と胸を張る最新イメージ作品

close