社会

現代よりも離婚率は高かった!? 明治時代の「リカツ」事情

 結婚活動を「婚活(コンカツ)」と呼ぶのに対し、離婚のための活動を「離活(リカツ)」と呼ぶが、最近は「3組に1組が別れる」大離婚時代を迎えている。しかし、明治時代の日本は、今よりも離婚する夫婦の数がはるかに多かった。  明治時代初期、日本はまだ一夫多妻が当たり前の時代だった。そのため、男性は妻に気に入らない面があると、すぐに離縁(ポイ捨て!?)するのが常識とされていた。あまりに離縁が多いので...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「水着というか“ほぼ紐”! 最後にはパンツもとれちゃって…」Eカップグラドル・小春結衣、大自然でセクシーボディ大開放!
  • 暴れまくるHカップは必見!! 人気グラドル・志崎ひなた、「ポロリだらけで困った」20代初のイメージ作!
  • Iカップグラドル・菜乃花「すごく恥ずかしくて身悶えちゃった」最新イメージ作! 菜々緒ポーズでも話題に
  • Jカップ爆乳・桐山瑠衣、スタッフの“変態心”が結集した最新イメージ作! 人妻役が似合いすぎてエロい!!
  • ドMな姉・小柳歩&ドSな妹・西永彩奈と旅先でイチャコラ! ボンテージでの拘束に温泉シーンetc…完全主観で独り占め!
  • ベッドのシーンで“スゴイいいこと”が起こる!? Fカップグラドル・北谷ゆり、最新イメージ作『Secret Lover 2』
  • Fカップグラドル・かえひろみ、「すごいハイレグの変形水着」に挑戦! 素顔が垣間見える改名後初イメージ作
  • 「恵比寿☆マスカッツ」辰巳シーナ、すっごいセクシーアピールする占い師に!? 最新イメージ作『ふたりのシーナ』!!

close