社会

現代よりも離婚率は高かった!? 明治時代の「リカツ」事情

 結婚活動を「婚活(コンカツ)」と呼ぶのに対し、離婚のための活動を「離活(リカツ)」と呼ぶが、最近は「3組に1組が別れる」大離婚時代を迎えている。しかし、明治時代の日本は、今よりも離婚する夫婦の数がはるかに多かった。  明治時代初期、日本はまだ一夫多妻が当たり前の時代だった。そのため、男性は妻に気に入らない面があると、すぐに離縁(ポイ捨て!?)するのが常識とされていた。あまりに離縁が多いので...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • G☆Girls・永井里菜、浴衣姿で乱れまくる最新イメージDVD! 得意のY字バランスはI字に進化!?
  • 料理が上手くて脱いだらエロいカラダだなんてどう考えても最高! 戸田れい、Tバック超えの過去最大露出イメージDVD
  • 「包帯ビキニはマジでスースーしました(笑)」 美尻で人気急上昇中のグラドル・朝比奈祐未、イメージDVD発売イベントにセクシーすぎるビキニで登場!!
  • 杉原杏璃に鼓舞され奮起! 椎名香奈江、セクシー要素を増やし臨んだ約2年ぶりのDVD
  • 「言うほどでかくないがそこそこでかい」おっぱいの魅力発揮!? ぱいぱいでか美、待望のファーストDVD
  • 女優+グラドルの“女グラ”を目指して奮闘する繭、美ボディの曲線を強調した「スゴイことになっている」イメージDVD!
  • Hカップグラドル・鈴木ふみ奈、初めてのVR作品はSFもの!? 必然性ゼロで大迫力の“ふみパイ”を大胆露出!
  • セレブな“三田夫人”がドエロな家政婦に! 三田羽衣、本気の自慰シーンで魅せる「ギリギリまで攻めた」イメージDVD

close