社会

現代よりも離婚率は高かった!? 明治時代の「リカツ」事情

 結婚活動を「婚活(コンカツ)」と呼ぶのに対し、離婚のための活動を「離活(リカツ)」と呼ぶが、最近は「3組に1組が別れる」大離婚時代を迎えている。しかし、明治時代の日本は、今よりも離婚する夫婦の数がはるかに多かった。  明治時代初期、日本はまだ一夫多妻が当たり前の時代だった。そのため、男性は妻に気に入らない面があると、すぐに離縁(ポイ捨て!?)するのが常識とされていた。あまりに離縁が多いので...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 「御成門でオ○ニー」動画で話題の着エロアイドル・優陽にこ! 最新イメージDVDでも盛大に“やらかす”!?
  • 原宿系ギャル・愛羽千鶴、恥じらいながらも健康的なボディをさらけ出す!
  • スロー映像でド迫力のJカップに酔いしれろ! 結城ちか、最新イメージDVDで“暴れ乳”がタプンタプン!!
  • 「年齢も重ねたので、よりセクシーさを意識した」葉月ゆめ、2年ぶりの新作で“大人セクシー”に攻める!
  • 「童貞10人くらい殺せそう」Hカップ新人グラドル・一之瀬瞳、初イメージDVDでアノ衣装着用!
  • 「もう少し清楚にやればよかった(笑)」 グラビアデビューした人気コスプレイヤー・水瀬ももこ、ファーストDVDからがんばりすぎた!?
  • 「ポスト久松郁実」の呼び声高いモグラ女子・原あや香、最新DVDでCAに扮し“機長とイケナイ関係”に!
  • 思わず抱きつきたくなるような色白むっちりボディ! 桜りん、水着解禁ファーストDVDでポロリ頻発!?

close