社会

現代よりも離婚率は高かった!? 明治時代の「リカツ」事情

 結婚活動を「婚活(コンカツ)」と呼ぶのに対し、離婚のための活動を「離活(リカツ)」と呼ぶが、最近は「3組に1組が別れる」大離婚時代を迎えている。しかし、明治時代の日本は、今よりも離婚する夫婦の数がはるかに多かった。  明治時代初期、日本はまだ一夫多妻が当たり前の時代だった。そのため、男性は妻に気に入らない面があると、すぐに離縁(ポイ捨て!?)するのが常識とされていた。あまりに離縁が多いので...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 超軟乳Gカップグラドル・和地つかさ、「意識が朦朧として…」ポロリしたのかしてないのか分からないまま撮影
  • 「エロに前向き、前のめり!」永井すみれ、葉っぱをおっぱいと股間に貼り付けて…大胆なシーンにチャレンジ!
  • “最強合法ロリ”長澤茉里奈「しばらくはDVDを出さないと思います」! 集大成的イメージDVD『まりなーず伝説』
  • ロシア出身の美少女ブラダ、初水着でダイナマイトボディが露わに!
  • 「私、押しに弱くて断りきれないんです」 正統派グラドル・小島みゆ、極貧生活のワケは…
  • スレンダーボディにむっちりヒップで人気の松岡里英! 無職彼氏を立ち直らせるセクシー看護師に!!
  • 剣道で鍛え抜かれたボディ&Eカップおっぱいは必見! 現役女子高生グラドル・秋吉美来、“美少女伝説”ふたたび!!
  • 美尻クイーン・戸田れい、首輪&リードを付けてお散歩プレー!! 「私はドSだから男性に付けてみたいかも」

運営メディア

close