カルチャー

書評 『色街をゆく』橋本玉泉(著)/彩図社

吉原、大須、島原......。北海道から沖縄まで、歓楽街のいまむかし

 繁華街から少し離れたところにある、妖しげな雰囲気漂う風俗店街。ソープランド、ピンサロ、ヘルス、イメクラ、○○エステ、所狭しと立ち並び、偶然足を踏み入れた人は、異世界に行ったような心持ちがすることだろう。  かつて、日本のあちこちに「赤線」と呼ばれる歓楽街があったことをご存知だろうか。吉行淳之介の小説などで耳馴染んだこの言葉は、特殊飲食店街、つまり国から黙認された売春宿が集まる地域を指した。...

オススメ記事

人気記事ランキング

今日
今週

関連リンク

グラビアギャラリー

  • 下町のマリリンモンロー・平塚奈菜、すっごいハイレグ水着でマッサージされ思わず悶える!
  • スレンダー美少女・船岡咲、ナチュラルな自分を曝け出した最新イメージ作品!!
  • 「露出はわたし史上最大!」アラサーグラドル・金山睦、フェミニンなシーンと女王様っぽいシーンとのギャップが楽しめる最新イメージ作品
  • 高身長Hカップグラドル・神宮寺かなん、おっぱいマッサージで“限りなくIカップ”に! 「ずいぶんハードになった」2ndイメージ作に注目!!
  • 「ノーブラは初めてだったんで面白かった」金髪ショートの大注目アイドル・篠崎こころ、2ndイメージ作品リリース
  • 「業界に慣れすぎて、眼帯水着に疑問を持たなくなった自分が怖い」和地つかさ、最新イメージ作で初心に帰って砂浜を走る!?
  • 「本当は飲めないのに白ワインを飲んで酔っぱらっちゃいました」高梨れい、規格外のHカップダイナマイトボディが堪能できる2ndイメージ作
  • 忍野さら「ブルーレイでは観ないで!と言いたいくらい」接写だらけのイメージ最新作!! バリ島で悩殺ボディとG乳炸裂!!

close