>   >   >  アフリカ風俗が日本人に向かない理由

【世界一周エロ旅】アフリカの風俗が日本人に向かない理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

日本人にはあまり馴染みがないが、アフリカにはたくさんの風俗嬢がいる。

しかし、1年以上かけてアフリカを旅した経験から、ぼくはアフリカの風俗は日本人に向かないと考えている。

なぜアフリカの風俗が日本人に向かないのか。

本記事ではその理由を紹介する。


【理由その1:治安が悪い】

 アフリカと聞くと、どうしても治安が悪いイメージがあるだろう。そのイメージは間違っていない。

 アフリカの大都市は、必ずといっていいほど治安が悪い。アジアの街とは比較にならないレベルだ。

 特に危険といわれているのは、ケニアのナイロビ、タンザニアのダルエスサラーム、南アフリカのヨハネスブルグ。いずれの街も実際に歩いてみたが、雰囲気は悪かった。

 風俗(嬢)が活発になるのは大都市、そして決まって夜だ。そのため、アフリカで風俗遊びするためには、治安が悪い街で夜間に活動する必要がある。とてもリスクが大きい。

 特にヨハネスブルグなんて昼間でも歩きたくないレベルだ。そんな街で夜に出歩くなど、どう考えても自殺行為。

 どうしても遊びたい場合にはレンタカー、車をチャーター、タクシーでピンポイント移動のいずれかが必要。手間もお金もかかってしまう。

 

【理由その2:風俗の種類が少ない】

 日本をはじめ、アジア風俗のジャンルはとても幅広い。

 夜遊びで有名なタイを例にあげると、以下のような風俗がある。

■マッサージパーラー:ソープランドのようなもの。雛壇から女の子を指名して店内の部屋でプレイ。

■エロマッサージ:女の子を指名して店内の部屋でプレイ。指名はパネルの場合と実物を見れる場合の2通り。

■ゴーゴーバー:女の子が水着や裸で踊っているバー。気に入った女の子を呼んでドリンクをゴチ。女の子と交渉したら店にバーファインを支払ってペイバー(お持ち帰り)。

■バービア:女の子を持ち帰り可能なガールズバーのようなもの。気に入った女の子を呼んでドリンクをゴチ。女の子と交渉したら店にバーファインを支払ってペイバー。

■出会い喫茶:バンコクのテーメーカフェが有名。援交希望の女の子が集まるカフェ。女の子と直接交渉してお持ち帰り。

■置屋:女の子を選んで小汚い部屋でセックス。

■立ちんぼ:路上の女の子をホテルに持ち帰る。

■ディスコ:ディスコで客待ちしている女の子に声をかけてホテルに持ち帰る。

■カラオケ:セクキャバのような店で飲む。お持ち帰りも可能。

■ブロージョブバー:日本でいうピンサロ。セックスも可能。


 以上、いかにタイの夜遊びが充実しているかおわかりいただけるだろう。

 これと比較して、アフリカでは風俗の種類が非常に限られている。

 アフリカの夜遊びはほぼ以下の3つのみ。


■ディスコ

■立ちんぼ

■出会い喫茶(バー)

 

 アフリカにはきちんとした風俗店というものがほとんどない。

 単発で遊ぶならそれでも問題ない。ただ、このような限られた夜遊びしかない状況が続くと飽きてしまう。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週