>   >  歌舞伎町でキャットファイト

歌舞伎町ホテル街のド真ん中でポロリ連発! ~地下キャットファイトレポート~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 去る3月16日・17日の両日、『視姦距離格闘祭-2018』なるキャットファイトの大会が開催された。

 場所は『BAR & FIGHT 地下闘技場』という東京・新宿歌舞伎町のラブホテル街にあるアミューズメントバー。地下1階にある同店は、店内の中央にミニサイズのリングが設置されていて、“地下キャットファイト”といった趣である。

 ちなみに同所のリングは、四方をロープではなく鎖で囲われた特注のもの。そのためロープに振っての攻撃などはできないが、独特の照明に照らされた銀色の鎖が妖しい光を放ち、なんともいえない雰囲気を演出している。

 初日の16日は『新宿ピンク花月』と題されたもので、通常の大会とは違い、対戦カードは当日発表された4試合。しかし、第3試合に予定されていた範田紗々vsきゃんでぃぺろみが、きゃんでぃの諸事情で出場が不可能になり、全3試合になることがアナウンスされた。また、ラウンドガールやラウンド間の選手インタビュー、アイドルによるパフォーマンスもなしとのこと。つまり、闘い重視ということなのだろう。

 第1試合は、羽柴まゆみvsアザゼル★桃娘。蹴り合いからの寝技の攻防という展開が続く。結局、格闘技経験が豊富な羽柴が、胴締めチョークスリーパーでアザゼルからタップアウト奪った。

 

2018cat_1a.jpg羽柴まゆみvsアザゼル★桃娘によるオープニングマッチ。初日、緊張感あふれるスタートとなった

 
 いつものキャットファイトとは違う、色気よりも緊張感のみがリングを支配するという、らしからぬ雰囲気に包まれた第1試合後のこと。第3試合に出場予定であった範田紗々がリングに入り、羽柴に「きゃんでぃはオマエの弟子だろ?」という理由から、きゃんでぃの代わりに試合出場を要求。1日に2試合となる羽柴は、渋々ながらこれを了承。なんとなく不穏な空気が漂う中、アザゼルの罰ゲーム披露があって次の試合へ。

 
※本サイト「メンズサイゾー」(http://www.menscyzo.com/)に掲載されているイラスト・写真・文章の無断転載を固く禁じます。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週