>   >   >  金子理江、お人形グラビアに絶賛の声

金子理江、大胆な純白ランジェリー姿に「人間の域を超えた透明感」と絶賛の声! キュート&セクシーな“お人形グラビア”で新境地


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

金子理江、大胆な純白ランジェリー姿に「人間の域を超えた透明感」と絶賛の声! キュート&セクシーなお人形グラビアで新境地の画像1※イメージ画像:「金子理江Twitter(@bite_me__3)」より

 アイドルユニット「The Idol Formerly Known As LADYBABY」のメンバーでグラビアアイドルの金子理江(19)が、発売中の「週刊プレイボーイ」52号(集英社)に登場。セクシーでキュートな「お人形グラビア」に挑戦し、大胆なパンチラショットやランジェリー姿などを披露している。

 同グラビアは「お人形になりたい」という本人の夢を叶えるために撮り下ろされ、純白のランジェリーや水色の透け素材ドレスなどで金子が人形に扮するという趣向。ヘアメイクとスタイリングは「ドールメイクの生みの親」といわれるヘアメイクアーティストの双木昭夫氏が担当した、本格派の「ドールグラビア」だ。同誌の担当者が「良い意味で“週プレらしくない”ロリポップな仕上がり」と評する異色のグラビアとなっている。

「扉ページでは透け素材ドレスの裾をはだけて大胆にパンチラしていますが、ドール風メイクの効果もあって透明感にあふれ、どこか幻想的な雰囲気すら漂っています。もともと金子さんは端正なルックスとツルツルの色白美肌がグラビアファンから高評価されていましたが、それがドール風メイクでさらに際立っている。ただボディを見せるだけではない今回のお人形グラビアによって“キュート&セクシー”な新境地を開いたといえそうです」(アイドルライター)

 また、金子は10日付の自身のTwitterで「週刊プレイボーイよろしくお願いします」とコメントしつつ、そのオフショットとおぼしき写真を公開。くるくるの巻き髪でレース素材のランジェリーをまとったセクシーショットとなっており、一点の曇りもない美しい白肌がまぶしい一枚だ。


「週プレNo.52 12/25号Kindle版」

久松郁実のワイルドな表紙が目印

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週