>   >  美女らが緊縛されエクスタシー地獄へ

全身からM女オーラを発する美女らが緊縛されエクスタシー地獄へ…ヘンリー塚本原作『縛女 柔肌に食い込む縄と染み込む愛液』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

 
 女体を縛ることに異常な興奮を覚えるサディストの男と、縛られることに快楽を得てしまうマゾ気質の女が、肉欲をぶつけ合い、互いに高みへと昇る様をじっくりと捉えたのが、ヘンリー塚本原作のオムニバス作『縛女 柔肌に食い込む縄と染み込む愛液』(FAプロ)だ。

 

 
 哀切な雰囲気を漂わせる中里美穂、華奢な肉体が被虐心を煽る神楽アイネ、熟れたグラマラスな肉体が縄映えのする神山ななと、全身からM女オーラを発する3人の美女が、FAプロ作品でお馴染みのオヤジ男優に縛られ、犯された果てに、めくるめくエクスタシー地獄へと堕ちていく。

 
【CACE.1】夢か現か幻か? 余命6か月を宣告された男が、可愛い姪を凌辱!
女優:中里美穂 男優:幸野賀一

 山道を歩く娘に、「送ってやるよ」とワゴン車の運転席から声をかける男。娘は男に言われるがまま助手席に乗る。女は男の弟の娘、姪と叔父の関係だ。すると叔父は防護マスクを被り、いきなりガスを噴射する。すぐに異変に気付き、逃げようとする姪だったがドアは開かず、そのまま昏睡状態に陥る。叔父は姪が寝たのを確かめると、彼女を毛布にくるんで後部座席に寝かせ、車を発進させる。

 

 
 叔父は医者に余命6か月を宣告されていた。自暴自棄になった挙句、かねてから年甲斐もなく心を奪われていた姪を犯すことを心に決めた。日頃から姪を縛り上げて凌辱する姿を思い浮かべて、数え切れないほどマスをかいてきたが、それを実践することにしたのだ。

 

 
 とある部屋に姪を連れ込むと、荒縄で両手足を拘束して股間にバイブを固定、さらに猿ぐつわをかませるが、依然として姪は目を覚まさない。叔父は慈しむように姪の体を擦ってから、顔から下半身まで舌を這わせていく。

 

 
 ようやく目を覚ました姪は怯えた表情を浮かべるが、声を出すこともできない。叔父は「夢を叶えさせてもらうよ」と呟くと、バイブにスイッチを入れる。姪は嫌がりながらも感じてしまい、淫らに吐息を乱す。すると叔父は、我慢できないとばかりに猿ぐつわをかませたまま、フェラと接吻を強制する。再びペッティングを施した後、ようやくバイブを抜いて猿ぐつわを外すが、これで終わるはずもない。「大きな声を出しちゃダメだよ」と命じた後、イラマチオを挟んで、正常位でインサートする。姪は「やめて」と訴えながらも体の自由を奪われているためになすがままで、やがて叔父の緩急付けた腰遣いに身悶えてしまうのだった。

 



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週