>   >   > 

伝説の鶴光ラジオがTVで復活! さっそく若手グラドルがスタジオ生着替え!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

170119_sakura_tp.jpg
※イメージ画像:佐倉仁菜Twitter(@nina_sakura0529)より

 ニッポン放送をキー局として、日本全国で放送されているラジオ番組『オールナイトニッポン』。現在の日替わりパーソナリティーには、最長記録を更新し続ける岡村隆史(46)や国民的アイドルグループのAKB48らがおり、今なお高い人気を誇る深夜ラジオの代表格だ。

 その『オールナイトニッポン』が、今年10月に放送50周年を迎える。これを記念し、1974年年から10年以上続いた『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』がケーブルテレビ・J:COMの制作によって復活。すでに初回が放送され、往年のラジオリスナーの間で話題になっている。

 落語家・笑福亭鶴光(68)による深夜ならではのお色気トークで若者から絶大な支持を集め、「伝説の深夜ラジオ」と称される同番組。「わんばんこ。鶴光でおま」「え~か? え~のんか?」などのフレーズは当時のマセた男子中高生の間で大流行し、鶴光は“下ネタの教祖”と呼ばれた。

 番組の柱となった投稿コーナーは、下ネタを連想させつつ、実はまったく違う話だったというオチの「ミッドナイトストーリー」やバージン喪失の様子を面白おかしく報告する「初体験」など、エロとユーモアを絶妙にミックスさせたものがほとんど。そんな番組がテレビで放送されるとあって、14日の初回を楽しみにしていたファンは多い。

 鶴光本人も番組の制作が決まった際に、「知らんで、責任持たんで!」と、ぶっちゃけトークを予告。そして、番組が『オールナイトニッポン』でお馴染みのオープニングテーマ『ビタースウィートサンバ』で始まると、ネット上には「待ってました!」の声が上がった。

 といっても、2時間生放送のテレビ版は、視聴者から寄せられた巷の話題などをテーマにしたトークがメインで、健全なバラエティといった印象。そもそも制作サイドは、「鶴光さんの同世代を含めた40~60代を元気づける内容にしたい」とコメントしており、直接的なお色気要素は封印するつもりだったようだ。


『佐倉仁菜/君がその気なら[DVD]』


師匠もメロメロ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週