>   >   > 

悪質プロデューサーのウソ&枕営業の実態…現役アイドルたちが衝撃の業界ウラ事情を暴露


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

161222_nisimura_tp.jpg
※イメージ画像:西村彩有里Twitter(@NishimuraSayuri)より

 21日深夜放送の『聞いてた話と違います!』(フジテレビ系)に出演した若手アイドルたちが注目を集めている。

 世の中に存在する甘い話やオイシイ話を信じ、いざやってみたら「話が全然違う!」と怒りすら覚えた経験がある人々をスタジオに招いた同番組。これに呼ばれた現役アイドルたちが、衝撃的な業界のウラ側を赤裸々に明かした。

 現在、女子小学生の11%ほどが「なりたい職業」に挙げるというアイドル。子どもたちは華やかな世界に憧れているのかもしれないが、その中にいるアイドルにとって“現実”は厳しいようだ。

 口火を切ったのは、地下アイドルの西村彩有里(にしむら・さゆり/21)。今年5月に結成された「ぽすてぃこ」の一員として本格的にアイドル業を開始したが、同グループはこの秋に解散しており、現在はソロで活動している。番組では、同グループをプロデュースした人物について言及した。

 デビュー前、そのプロデューサーが「スポンサーもいっぱいつく」「すでに映画の撮影も決まってる」とアメをちらつかせてきたという西村。しかし全部ウソだったことがわかり、「信用できなくなったため」に解散を決断したのだという。今聞けばそんなに甘い世界ではないと思うが、当時の彼女は信じ切っていたようだ。

 もちろん、誠実なプロデューサーも多いだろうが、どんなに大物が関わっていても売れっ子になるのは難しい様子。数々の人気アイドルを世に送り出してきたつんく♂(48)が楽曲提供する「バクステ外神田一丁目」に所属する宮野ねり(22)は、極貧生活を告白した。

 グループ自体は次世代アイドルとして注目を集めるがメンバーらの生活はかなり厳しく、宮野は日々ステージをこなしながらカフェでのバイトが欠かせないという。番組では彼女の自宅を紹介していたが、それはまるで苦学生が住んでいるような激セマ物件だった。


『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』


アイドルにも光と影がある

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週