>   >   > 

気分は“甘酸っぱい青春”か…体操着キャバクラ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

20161109burumaTP.jpg
※イメージ画像:『ブルマ単品 色:紺 サイズ:BIG』MIA

 風俗利用者の高齢化が進み、若者は減少、総じてユーザー人口が減っているといった話はよく聞くが、最近ではキャバクラの利用者も減っているのだという。悪質ボッタクリ店の報道などで怖いイメージがついてしまったことも、無関係ではないのかもしれない。

 先日、“怖い”とは真逆の、楽しいコンセプトで営業しているキャバクラを見つけた。

 キャバクラというと、まず思い浮かべるのは、豪華な雰囲気のキャスト。きらびやかなヘアメイクにドレスというスタイルで、マンツーマンでお酒の相手をしてくれる。時にはヘルプと呼ばれる補佐的なキャストもついて、楽しいひと時を過ごす。

 筆者が体験した『T』という店は、まず場所からしてキャバクラのイメージがないところだった。歌舞伎町や六本木ではなく、オタク街・秋葉原だ。そして、キャストはヘアメイクは華美ではなくナチュラルで、いかにも普通の女のコといった感じ。さらに着ている衣装はドレスではなく、体操着&ブルマだった。なんでも『体操着キャバクラ』と呼ぶそうだ。

 ただ、秋葉原という場所柄、コスプレ色が強いこともあり、最初はメイドカフェのようなノリなのかと思った。システムをチェックすると、ビールや焼酎などのアルコールに、ソフトドリンクが飲み放題で40分ワンセットだった。

 筆者についた女のコに、「ハルカも一杯いただいてよろしいですか?」と自己紹介されながら聞かれた。ちなみに、キャストのドリンク代は1000円前後で、フードはお菓子類しかなかった。これはどれも1,000円以下で、何万円ものフルーツ盛りなどが出てくる従来のキャバクラを考えると、メイドカフェっぽくもあった。



今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週