>   >   > 

川栄李奈が再び「あずみ」に! 業界評価が急上昇で“下剋上”の予感


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

20160706kawaeiTP.jpg
※イメージ画像:「川栄李奈Twitter(@_kawaei_rina_)」より

 元AKB48で女優の川栄李奈(21)が主演する舞台『AZUMI~戦国編~』(11月11~27日/東京・Zeppブルーシアター六本木)の上演が決定した。昨年9月の「幕末編」に続いての抜擢となり、今回は時代設定を変えて関ヶ原の合戦などを舞台に殺陣シーンの連続で「500人斬り」に挑む。

 原作は小山ゆう氏の人気漫画『あずみ』。 2003年に上戸彩(30)主演で映画化され、05年に黒木メイサ(28)の主演で舞台化。川栄はAKB卒業後の最初の仕事として「幕末編」を選び、AKB時代の“おバカキャラ”からは考えられないような演技力と殺陣のスピード習得で見事に女刺客を演じきった。

 これが好評を博し、川栄にドラマのオファーが殺到。NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』やフジテレビ系の連ドラ『早子先生、結婚するって本当ですか?』にレギュラー出演し、10月公開予定の話題の映画『デスノート Light up the NEW world』にも重要な役どころで起用されている。

 今回の舞台で演出を手掛ける岡村俊一氏は「演技の情感が豊かでリアクションも細やか。戦国編もやってほしいという声が多く、小山先生も強く望んできた」と絶賛コメントを寄せており、原作者が太鼓判を押していることも明かした。

「多くのAKBグループ卒業組が苦戦する中、川栄はあまり『元AKB』という色を出さずにドラマに溶け込んでいる。『とと姉ちゃん』では好演が話題になりましたが、視聴者からは『最初、川栄だと気づかなかった』という声が上がったほど。その一方で、主演舞台となればしっかりと存在感を示し、脇役であってもストーリーの中心になる時は印象に残る演技をする。業界内では、配役やストーリー状況によって演技を変えるという達者ぶりが評価されています」(芸能関係者)


『AKB48真夏の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ~川栄さんのことが好きでした~[Blu-ray]』

ノリノリです

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週