>   >   > 

蒼井優や長澤まさみ以上の人気!? 大沢あかね、カリスマモデル時代を振り返る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160212_oosawa_tp.jpg
※イメージ画像:大沢あかねオフィシャルウェブサイトより

 タレントの大沢あかね(30)が、“カリスマモデル”として活躍した子役時代を振り返った。

 大沢は、10日深夜に放送されたトークバラエティ『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演。この日のテーマは「元子役」で、大沢のほか、『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)で活躍した内山信二(34)や、子ども向けバラエティ『ウゴウゴルーガ』(同)で人気を博した小出由華(31)らが登場した。

 その中で大沢は、99年の『天才てれびくん』(NHK)に起用され、子役としての人気を確立したことを告白。ただ、雑誌やテレビに頻繁に出るようになったものの、成長期を迎えると次第に需要がなくなってきたという。そのため、カラダが成長することが「イヤ」で、テレビなどに出るときには「胸にサラシを巻いていたこともあった」とのこと。

 そんな大沢だが、01年にローティーン向けファッション誌『ピチレモン』(学研プラス)のモデルに抜擢されると、ふたたび注目度がアップ。当時、同誌には女優の蒼井優(30)や長澤まさみ(28)、宮崎あおい(30)などがいたが、彼女らを凌ぐ人気を誇っていたと自信満々に語り、「調子に乗っていた」という。

 だが、子役モデルを辞めた後に女優を志すも、そう簡単にはいかなったようだ。

 さまざまな作品のオーディションを受けたが、ほとんど受からなかったという大沢。当時の子役界には、96年のドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ)や97年のドラマ『青い鳥』(TBS系)などで存在感を示していた女優の鈴木杏(28)がおり、「(鈴木は)どんな役でもできちゃうから歯が立たなかった」と、バラエティ路線に進むきっかけになったと話した。


大沢あかね『サンキュ』

当時からかなり肉感的…

amazon_associate_logo.jpg


長澤まさみ写真集『me』

負けちゃいないけどね

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週