>   > 

国内最高賞金レース『ジャパンカップ』、300万円獲得の「衝撃の穴馬」とは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

1127ms_1.jpg
ジャパンカップで一攫千金を狙う

【本記事はPRです】

 秋競馬も佳境、いよいよ今週は大注目の第35回ジャパンカップが行われる。1着賞金3億円という国内最高賞金のレースだ。

 このジャパンカップは、2014年は約900倍、2013年は約2245倍、2011年は約3246倍の高配当が飛び出すなど、多くの実力馬が出走しながら意外にも好配当が飛び出すレースとしても知られている。

 日本国内で実績がなくマスコミもその実力をよくわかっていない外国馬、どの馬が勝ってもおかしくハイレベルなメンバーが揃いやすいことなど、その要因は様々ありそうだが、要するに難解なレースであることに違いない。

 今年も好メンバーが揃ったが、日本の出走予定馬14頭の中で前走重賞で勝っているのは2頭のみという低レベルなメンバー構成。6頭が前走2桁着順(10着以下)で、昨年の日本ダービー馬ワンアンドオンリーにいたっては前走16着、G1レース6勝のゴールドシップも15着と大敗。そして4頭の外国馬はあまりメジャーな馬ではなく、野球で例えればマイナー選手が来日するようなものであり、業界内では何やら不穏な空気が漂っているというのが事実だ。

 そういった事情から、今年も好配当が見込めるレースとなりそうだ。もちろん男として、好配当が期待できるビッグレースを前にして指をくわえて見過ごすのはもったいない。どうせならこのジャパンカップを的中させ、一足早い冬のボーナス獲得といきたいところだ。

 今回はこのジャパンカップの的中を目指す競馬ファン、そして競馬デビューを考えている方のためにとっておきのジャパンカップ情報をお伝えすべく、大物競馬関係者が所属する注目の競馬情報サイト・ワールドに話を聞いた。

 今年で16周年となったワールドは【WORLD競馬WEB】という競馬情報サイトを主催し、サニーブライアンで日本ダービー(東京優駿)を制した元JRA騎手の大西直宏氏や元JRA調教師の飯塚好次氏などを通じて入手する『内部関係者情報』を競馬ファンに公開している。マスコミも知らない驚くような内部情報で多くの万馬券を的中させていることで有名。その彼らが今週行われるジャパンカップにどんな情報を入手しているのか、非常に興味深いところだ。


『有村架純「熱量」(Blu-ray)』

ジャパンカップCMも可愛い

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週