>   >   > 

AV出演のために離婚!?  29歳美女がAVの世界に足を踏み入れたワケ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

_ZZZ1499.jpg

 誕生しては消える数多のAV女優たち。画面の中の華やかな世界とは裏腹に、本当に女優として華を咲かせることができるのはほんの一握りで、輝ける時間も限られている。セクシー女優としてお茶の間でアイドル的活躍を見せる女優もいれば、人知れず消えていく女優もいる。そんな中、29歳という決して若くはない年齢でAV業界に足を踏み入れようとしている女性、それが「千葉ねね」だ。

 おっとりとした雰囲気にFカップという抜群のプロポーションで、大人の色香を漂わせる千葉。なんと彼女は、この世界に入るために離婚を決意したという異色の経歴の持ち主でもある。彼女の決意の裏にあるものとは…。


──「ハダカになるために離婚した」と聞きましたが、それは本当ですか?

「本当です。年齢的なことを考えた時に、今のキレイなカラダを作品として残したいという思いが強かったんです。だから、AV女優になることを決めました。しがらみを断ち切ることで前に進めるというか…。きれいにケジメをつけたかったんです」

――『ハダカになるために離婚』『AVに出演するために離婚しました』という言葉には、かなりのインパクトがありますが…。

「これは、私の決意の言葉なんです。これだけの意気込みがありますよ、という」

――AVの世界に入らなければ、結婚生活を続けていた可能性もありますか?

「そうですね。でも、別に仲良くもないのにずっと一緒にいて、疲れ切っていたんですよ。会話もなくって、もったいない時間を過ごして…って思ったら、そこは断ち切ってよかったと思います」

――ねねさんにとって、“ハダカを見せる”ってどういうことなんでしょう。

「私の中でカラダを見てもらうことは、抵抗というよりも、“見てもらうにふさわしいカラダであること”なんだと思います。もっとキレイになろうとか、細くしようとか、自分の中で明確な美意識があって、単にいやらしいだけではなくって、キレイな作品を撮りたいという気持ちが強いんですよ」

――AVも表現物の一形態として捉えているってことですね。

「そうですね。そのためにいろいろな努力もしています。食事もそうですが、エステや筋トレなどもやっています。きっと、AVに挑戦するって決めていなければ何もやっていなかったんだと思うんですよ。だから今、こういった“自分に時間をかけていること”が楽しいですね」


『29歳からの恋とセックス』


29歳は転換期なのか

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週