>   > 

アソコにドジョウ! SMを通して究極愛を提唱する女体調教師・志摩紫光、阿鼻叫喚の『SPECIAL LIVE』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  

 今月19日、女体調教師の志摩紫光による『SPECIAL LIVE』が新宿のDX歌舞伎町で行われた。

 志摩紫光といえば、極寒豪雪の中での愛奴との野外調教、火炎放射器責め、陰毛あぶり焼きなど、数々の鬼畜プレイを生み出した、正統派責め師のひとり。にっかつ映画時代から「折檻」シリーズの監督を務め、SM業界の雄として40年以上も君臨しているカリスマだ。

 この日は、そんな志摩紫光氏の集大成ともいえる、スペシャルショーが3時間ノンストップで開催されるとあって、会場には多くのファンが詰めかけた。

 これから阿鼻叫喚、神をも恐れぬ鬼畜プレイが、繰り広げられるとは思えない、静かで物悲しいピアノの調べが響き渡る会場――。息を呑むような静寂の中に現れたのは、全身を鎖でガチガチに拘束された全身網タイツの女性と、サングラスに黒ずくめの装いの志摩紫光氏だった。


sima_007.jpg


 縄ではなく、鎖で拘束された女性の姿のあまりの異様さと、志摩氏の円熟味を増した責め師としての貫禄に圧倒され、さらに会場全体が静まり返る。

 志摩氏は、登場するなり、容赦なく鎖で拘束された女性の体に思いきり鞭を打ちつけていく。鞭が鎖で拘束された女性の尻や背中に振り下ろされると、そのたびに女性は、喘ぎながら苦しげな息づかいをもらす。

 そして、志摩氏は罪人のような出で立ちの女性の乳首に禍々しい巨大な黒のクリップを挟む。あまりの痛みに、身悶えて「あぁぁっっ!」と絶叫する女性。そのまま後ろ手を拘束されたまま、天井まで伸びた重い鎖の先にまるで犬のように繋がれた。喘ぎ声ともうめき声ともつかないような、切なげな女性の声が会場に響き渡った。

 志摩氏がおもむろにボトルを取り出して、その中に放尿を始める。徐々に溜まっていく黄色い液体をどうするのだろうか…? と考えていると、そのまま女性の口に持っていき、飲尿させるではないか! 女性は、後ろ手に拘束された状態で、目をつぶりながらも、ボトルに溜まった尿を躊躇なく、ゴクゴクと音を立てて全て飲み干した。


『調教前の女たち』


調教という名の愛

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週