>   >   > 

熟女ばかりなのに“もてはやされる”ソープランド! 人気の理由は伝説のあのワザ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  

ThinkstockPhotos-122449619.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 何度も書かせていただいていることだが、昨今の若者の風俗離れが著しい。風俗店の待合室で40代の筆者がもっとも年下なんてことはザラである。つまり、還暦オーバーの紳士は珍しくない。

 そんな彼らがプレイの対象にしているのは、30代後半から40代前半の女性だという。やはり、自分の孫世代になってしまう可能性のある20代だと落ち着かないらしい。平たく言えばギャルよりも熟女の方がいい…ということだろう。ただし、これは主にヘルス系の店での話であり、こと風俗の王様であるソープランドとなると話は少し違ってくる。

 「最終的なサービスを考えると…ねえ? 肌と肌の触れあい、そして、“締まり”を考えると、やはり若い子の方が…」という声が多い。だからこそ高級店には若い泡姫が多いのだろうし、激安店には熟女が…という流れにもなるのだろう。男のワガママな話で申し訳ないが…。

 しかし、ある御仁は「風俗の王様・ソープランドだからこそ、ベテランじゃないとダメなんだよ!」と異を唱える。仮にA氏と呼ぼう。現在60歳で、ソープランドが前名で呼ばれていた時代から通っている方である。

 その理由を問うと、「もちろん、若い泡姫もいいけけど…」と前置きした上で、『C』という店に行けばわかるとのこと。そこは吉原の熟女専門店なのだが…。

 個人的には若い女のコと遊びたいと思うので、あまり気乗りはしなかったが、数日後、ソープランド『C』を訪れた。待合室に通されて驚いたのは、平日の昼間だったのに先客が4名ほどいたことだ。ここでも筆者はもっとも若い客のようだった。そして、ボーイが「すぐにご案内できるのは、この4名です」と写真を見せてくれた。実はA氏に数名、推薦されていたおり、その中のひとりであるミユキさん(仮名)がいたので指名して待つこと15分…。

 「それではご案内です」というボーイの声と同時に入り口のカーテンが上がると、そこに待っていたのは「え? 熟女なの?」と思わせるほどのルックスを持った女性だった。落ち着いた雰囲気だが、老けているのではなく妖艶で、今っぽく言えば、いわゆる美魔女というタイプである。


『美熟女ソープ壺姫御殿 白木優子』


行きたくなった

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週