>   > 

柳ゆり菜、AKB48グループに勝利! 雑誌メディアで進む「グラドル復権」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  ,  ,  ,  

20150821yurinaTP.jpg
※イメージ画像:柳ゆり菜1st写真集『yurina』講談社

 今年3月に発売されたAKB48・小嶋陽菜(27)の写真集『どうする?』(宝島社)の累積売上が11.3万部を突破し、AKBグループ歴代トップになったことが話題になっている。これまでの最高は当時現役メンバーだった前田敦子(24)が2012年にリリースした『不器用』(小学館)の11.2万部。小嶋は名実ともにAKBグループのグラビア系トップに上り詰めたといえる。

 小嶋だけでなく、今年も女性タレント写真集はAKBグループの独壇場。上半期のタレント写真集ランキングでは、小嶋に次いでNMB48・山本彩(22)の『SY』(ヨシモトブックス)が10万部突破で2位。以下も乃木坂46の白石麻衣(23)、西野七瀬(21)、AKBの横山由依(22)、木崎ゆりあ(19)がトップ10入り。女性タレント限定でいえば上位は完全に独占状態になっている。

 最近はAKBグループの勢いが凋落傾向にあるといわれているが、写真集に関しては圧倒的な強さ。雑誌グラビアも依然としてAKB系のメンバーが占拠しているイメージがあり、誌面から追い出されたグラビアアイドルたちの受難の時代が続いているように思える。

 だが、いつの間にかグラドルたちの猛反撃が始まっていたようだ。

 「週刊プレイボーイ」(集英社)のWEB版「週プレNEWS」が16日、今年上半期の主要26誌を対象にした「グラビアアイドル表紙登場回数ランキング」の調査結果を発表。人気グラドルの柳ゆり菜(21)が13回を記録し、AKBグループら並み入る強豪を抑えてトップに立ったことが分かった。

 元々はEXILEのバックダンサーなどの活動をしていた柳は、約2年前に「週刊ヤングマガジン」(講談社)でグラビアデビュー。昨年のNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』の23話で赤玉ポートワインポスターの半裸モデルを演じたことで一気にブレイクし、急激に露出を増加させた。


『篠崎愛写真集 Love Scenes: Ai Shinozaki』


どっちも頑張れ!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週