>   > 

前田敦子、女優としての世間の評価が手のひら返し状態! ルックスも美しくなったと評判に


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

0702maeatu_main.jpg
※画像:前田敦子

 元AKB48の前田敦子(23)がヒロインを務める映画『イニシエーション・ラブ』が、6月最終週時点で興行収益12億円を突破したと報じられた。

 傑作ミステリー小説が原作でラストに大どんでん返しがある難しい作品ということもあり、当初は「前田敦子には無理」「作品がぶち壊しになる」などと批判が殺到していが、公開後は評価が一変。映画を鑑賞した人々からは「今までで一番のハマリ役」「この役は前田敦子じゃなきゃダメ」「ビックリするくらい名演技だった」といった意見が上がり、手のひらを返すような絶賛の嵐になっていた。

 その評判の良さが興収にもキッチリつながったようだ。前田は2013年に主演した映画『クロユリ団地』でも興収10億円を突破。映画『ストロボ・エッジ』と『ビリギャル』で20億円台を連発した有村架純(22)には及ばないものの、大ヒット女優の一人として業界では認識されるようになってきている。

「前田はAKB在籍時、2011年公開の主演映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』が大コケし、配給会社から正式な興収が発表されない“黒歴史”扱いになった苦い経験がある。それが女優としての低評価を決定づける要因になっていたのですが、彼女は作品によって化けるタイプ。今回はハマリ役で演出も上手かったため、彼女の素材が十分に生かされた。もちろん、マジメに演技の勉強を続けている努力が報われた部分もある。アイドル上がりの棒読み女優だと思い込んでいた人たちにとっては衝撃だったでしょう」(映画ライター)

 国民的アイドルグループの元エースとなればあまり過激なことはできないように思えたが、同作では主演の松田翔太(29)との激しいラブシーンを演じ、ディープな濡れ場にも対応できることを証明。日本を代表する映画監督たちにも愛されており、黒沢清監督(59)からは「映画なくして彼女は生まれず、彼女なくして日本映画もまた存在しえない、そんな時代がやってきたようです」と最上級の賛辞を贈られている。

 前田といえば、同じく卒業後に女優を軸に活動している大島優子(26)と何かと比較されるが、今のところ目立ったヒット作を生み出せていない大島を大きく引き離したといえそうだ。


『さよなら歌舞伎町 スペシャル・エディション 』


脱・アイドル

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週