>   > 

人気アニメ『あの花』実写化に批判殺到も…めんま役・浜辺美波の美少女ぶりに「許した」の声


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

0619hamabe_main.jpg
※イメージ画像:浜辺美波ファースト写真集『瞬間』ワニブックス

 2011年にフジテレビ系の深夜枠で放送された人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称:あの花)が、同局のスペシャルドラマとして実写化されることが発表された。すでに作品の舞台である埼玉・秩父を中心に撮影がスタートしており、今年中のゴールデンタイム枠での放送を予定している。

 主人公の「じんたん」を演じるテレビドラマ初主演の村上淳の息子・村上虹郎(18)をはじめ、秀才タイプの「ゆきあつ」役の志尊淳(20)、高校デビューしたギャル「あなる」役の松井愛莉(18)、しっかり者の「つるこ」を演じる飯豊まりえ(17)、世界を旅している「ぽっぽ」役の高畑裕太(21)ら、若手の注目俳優が多数出演することでも話題になっている。

 だが、その一方で原作ファンからの批判が殺到している。同作は熱狂的ファンが多く、作品の舞台を訪ね歩く「聖地巡礼」も盛んに行われたことで知られる。ただでさえアニメやマンガの実写化は批判されやすく、今回も「悪い予感しかしない」「『僕は友達が少ない』の悲劇再びか」「コスプレ大会にしかならない」などといった辛辣な意見がネット上に多数寄せられている。

 特にキャストに関して「イメージと違う」という苦言が多いが、その中でもオタク層から「この子だけは許す」「可愛すぎる」と高評価されているキャストがいる。それはヒロインで幽霊の「めんま」を演じる美少女・浜辺美波(14)だ。

 浜辺は2011年、長澤まさみ(28)らを輩出した「東宝『シンデレラ』オーディション」のニュージェネレーション賞を僅か10歳で受賞し、それをきっかけに芸能界入り。太眉系の端正な顔立ちは事務所の先輩・長澤の美少女時代を彷彿とさせ、将来が有望視されていた。

 だが同年にオムニバス映画『空色物語』で主演を果たしたものの、当初は「子役」的な扱いだったために脇役が多く、抜群の素材でありながらも一部のアイドルマニアくらいしか注目していない「隠れた美少女」となっていた。


『浜辺美波 ~アリと恋文~』


かわいさだけなら原作超え間違いなし!!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週