>   > 

渡辺麻友、主演ドラマ『戦う!書店ガール』が初回6.2%の大爆死…小林よしのり氏は「視聴率でしか評価しない奴はカス」と反論


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

0416shotenga_main.jpg
※イメージ画像:関西テレビ放送『戦う!書店ガール』公式サイトより

 AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友(21)と女優の稲森いずみ(43)がダブル主演を務める新ドラマ『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)が14日にスタート。まゆゆファンの期待を集めていた同作だが、初回視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大参事になってしまった。

 これに「AKB終わった」などとAKBや渡辺の人気凋落を揶揄する声が高まり、その一方で渡辺ファンから「数字が全てではない」と反論が上がるなど論戦が巻き起こっている。

 同作は東京・吉祥寺の書店「ペガサス書房」を舞台に、アラフォーの副店長・西岡理子(稲森)とコネ入社で異動してきた書店員・北村亜紀(渡辺)が衝突しながらも、やがて協力して書店のピンチに立ち向かうという内容。渡辺にとっては深夜帯以外で初の連続ドラ主演であり、AKBのセンターとしての器量が試される作品だ。

 だが、ドラマを視聴したネットユーザーの声は厳しかった。といってもストーリーや演出は及第点という意見が多く、その批判の矛先となっているのは渡辺。某大手テレビ情報サイトには、ユーザーから以下のような感想が寄せられている。

「渡辺さんの演技力には全然期待してなかったんだけど、それを上回るほど演技が残念だった」
「AKBファンには悪いですが渡辺さんの演技力に我慢出来ず、12分でギブアップ」
「まゆゆがひどすぎ。他の役者さんは良かったのに…」
「ストーリーは興味深かったけど主役の演技で台無し」
「これはAKBオタ向けのドラマだね、一般人は見なくてもいい」

 渡辺批判だけでなく、現実の書店員たちからは「こんなにノンビリした書店はない」「返品作業は? 雑誌の付録付けは?」「接客のシーンすらまともにないっておかしい」などと演出にツッコミが入り、悪い意味で話題になってしまっている。

 視聴率も散々だ。同作が放送されている「火曜夜10時」の枠は、前クールの『銭の戦争』が初回2時間スペシャルで14.1%を記録。前々クールの竹野内豊(44)主演『素敵な選TAXI』は10.7%、そのひとつ前の『GTO』が9.7%と、最低でも初回は10%前後になっていた。ところが『戦う!書店ガール』は前述のように6.2%の大爆死。昨年4月期に放送された『ブラック・プレジデント』の初回8.3%を下回り、同枠のワースト記録を更新してしまった。


『真面目な文系書店員はおとなしい顔して出張買取の査定中にエロ本を盗み読みしていやらしい妄想ばかりしてオマ○コ濡らしてるスケベっ子でした』


この展開ならば視聴率爆上昇間違いない!

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週