>   > 

「何も取り柄がなくなってしまった」ファッションリーダー陥落の篠田麻里子、“ヘアヌードで出直し”の仰天情報も…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  

0910shinoda_main.jpg
※イメージ画像:『MORE 2013年1月号』集英社

 昨年7月にAKB48を卒業した篠田麻里子。12年末には、自身がプロデュースするファッションブランド「ricori」を立ち上げ展開していたが、今年7月に突然の全店営業停止が発表された。昨年2月にルミネエスト新宿店をオープン後、大阪や福岡にも店舗を構えていたricoriだが、運営会社の株式会社リゴレが自己破産。篠田の幼少からの夢だったというファッションの仕事は暗礁に乗り上げてしまうことになった。

 AKB時代から「オシャレでキレイなお姉さん」的な立ち位置を築き上げていた篠田は、卒業後は当然ながらファッション関係の活動を中心に進めていくと思われていた。それだけに、営業停止が発表された際には「これからどーすんの?」「卒業してブランド倒産したらただの人になっちゃうよ」とその前途を心配する声が相次いた。

 そんな篠田は、ここで出直しの意味を込めて清算ヌードを披露すべきだと現在発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が伝えている。記事によると、篠田はAKB時代からその股間の“盛り”が有名で、マリコ様ならぬ“モリコ様”と呼ばれていたという。ブランドが倒産したことの謝罪も込めて、股間を突き出した“モリコヘア”ならギャラ8000万円は確実で、巻き返しの手段として確実視されているという。

「インタビューで『自分がプロデュースするからには、全ての工程に関わりたい』と答えるなど、全面的にブランドに携わっていたはずの篠田でしたが、営業停止を受けてTwitterで『去年までアドバイザーとしてお手伝いしていた』『大変驚いています』と他人事のような報告をしてひんしゅくを買いました。その後、取ってつけたようにブログで店舗スタッフとの写真とともに感謝の念をアピールしていましたが、ネット上では『逃げ足が速すぎる』『非情だ』という声が相次ぐ事態に。また、篠田は現在レギュラーが『PON!』(日本テレビ系)の水曜パネリストだけなのですが、以前は出演時の肩書きが『モデル・女優・デザイナーetc.』だったのが、営業停止後は『マリコさま』となっていたことも『なかったことにしてる』と話題になりました。そういった経緯もあって心証は最悪ともいえるだけに、“禊”の意味でもヌードになれば反響は大きいでしょうね」(芸能ライター)


『篠田麻里子「Yes and No Mariko Shinoda」』


崖っぷち?

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週