>   > 

熾烈なハーフ芸能人たちの戦い…「ポッと出じゃできない」発言の水沢アリーに「お前が言うな」の声


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

0819mizusawa_main.jpg
※イメージ画像:NEW STYLE PRODUCTION 水沢アリープロフィールページより

 2013年2月に放送された深夜バラエティ『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、芸能事務所所属からわずか数週間という異例のスピードでテレビデビューした水沢アリー(23)。その喋り口調やキャラクターから「第2のローラ」として注目を浴びた彼女は、その後も順調にバラエティを中心に活躍し、一時ほどの露出はないものの、現在でも芸能界で活躍を続けている。

 そんな水沢が、18日に放送された『ジャネーノ!?』(フジテレビ系)の「ハーフ芸能人大集合」に登場した。ハーフ芸能人の人気の秘密や悩みに迫った企画で、「ハーフは整形を疑われやすい」といったことが話題になり、話を振られた水沢が、「私はグレーゾーン」と即答。この発言はさっそくネットニュースなどで報じられ、ネットユーザーらは「完全に黒だろ」「目が違う」といった反応のほか、「ここまで開き直れば好感度上がる」などといったコメントを寄せている。

 さらに番組の中では、JOY(29)による「若手ハーフ芸能人ピラミッド」というハーフタレントの序列が発表されると、「Bクラス底辺」と指摘された水沢やダレノガレ明美(24)らが激しく反発。ちなみにJOYの分析によると、Sクラスはウエンツ瑛士(28)、ローラ(24)、SHELLY(30)、ベッキー(30)ということだが、これには出演者たちも「レジェンド」「BIG4」と納得の様子を見せていた。

 JOY自らもBクラスに属しているという若手ハーフタレントのピラミッド。JOY曰く、「このクラスはよくテレビで見かける」が、それゆえ「新しいハーフが出てきたら真っ先に振るい落とされる」ポジションでもあるという。その中には、水沢、ダレノガレのほか、ラブリ(24)やお笑いコンビ『マテンロウ』のアントニー(24)などが含まれると指摘する。


『一発屋』


THE 一発屋

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週