>   >   > 

名物プロデューサー“粛清”か、フジ『新堂本兄弟』『僕らの音楽』に打ち切り報道


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

0801doumoto_main.jpg
※イメージ画像:フジテレビ系『新堂本兄弟』オフィシャルサイトより

 1日発売の東京スポーツが、フジテレビの人気音楽番組『新堂本兄弟』『僕らの音楽』の打ち切りが決定したと報じ、大きな話題となっている。この動きについては同局の音楽番組を一手に担ってきた名物プロデューサーへの“粛清”と見る向きもあり、フジに激震が走ることになりそうだ。

 両番組は長年視聴者に親しまれており、打ち切りを招くほどの低視聴率や大きなトラブルがあったわけでもない。それがダブルで終了するというのだから、穏やかな話ではなさそうだ。

 二つの番組に共通するのは、フジの名物プロデューサーだった「きくちP」こと、きくち伸氏が主宰する番組制作集団「音組」が手掛ける番組ということ。東スポでは“名物プロデューサー”として名前が伏せられたが、彼の存在が終了の大きな要因になったという。

 昨年3月、きくち氏は「口パク禁止令」を発動し、番組に出演する歌手に対して生歌を強制する方針を示した。ネット上では「さすが!」といった声も聞かれたが、レコード会社や大手芸能プロなどが猛反発。あまり歌の上手くない歌手やアイドルにとっては死活問題であり、生歌を強制するなら「ウチは出なくて結構!」と出演拒否を通達する関係者もいたという。

 さらに、きくち氏が担当した音楽番組で人気アーティストの扱いをめぐって同氏と事務所が衝突。制作側から「あんたらの事務所は出入り禁止にするぞ!」といった言葉が飛び出し、これに事務所側は売り言葉に買い言葉で「フジからの全面撤退」をチラつかせたという。最終的にフジの亀山千広社長が事務所サイドに謝罪する事態になったといい、これが“粛清”の発端となった。

 亀山社長は6月下旬に大規模な人事異動を実施したが、そのタイミングで粛清が断行されたというのだ。


『隣の嵐くん~カリスマなき時代の偶像』


変革の時とも

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週