>   > 

番長・清原和博に「覚せい剤」報道、事務所は「糖尿病治療」と否定も…チラつく黒いウワサ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

0306kiyohara_main.jpg
※イメージ画像:『男道』幻冬舎

 元プロ野球選手の「番長」こと清原和博氏(46)が、薬物使用が原因で都内の病院に入院していたと発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。同誌は「覚せい剤などの禁断症状でボロボロの状態」と、清原氏が違法薬物を使っていたことを指摘しており、球界に激震が走っている。

 記事によると、最近の清原氏は奇行がたびたび目撃されており、番組の撮影中に急に汗が噴き出し立っているのもやっとの状態になって撮影が滞ったり、真冬にホテルの出入り口付近を短パン姿でフラフラ徘徊し、おぼつかない足取りで斜め上をぼんやり眺めていることがあったという。仲のいい巨人のOB選手が清原と電話した際も、ろれつが回らず何を言ってるか分からないことがあったそうだ。さらに「オレの体が悪くなったのは、嫁が作るメシのせいだ」などと周囲に漏らし、妻でモデルの亜希さんに対して「包丁を持って追いかけ回す」などの行為を繰り返していたという。

 この奇行の原因について、同誌は覚せい剤などの薬物の禁断症状の影響だと断言している。昨年、清原氏は「足立区にある精神科の病院に一週間ほど極秘入院していた」といい、そこで“シャブ抜き”が行われたという。この時の清原氏の様子について、関係者は「隣で呼びかけても無反応、目の焦点が会わず、口はネチャネチャとネバつき、時折意味不明のことを口走っていた」と証言している。

 清原氏は先月も都内の病院に検査入院しており、そこで同誌は本人を直撃。隣には妻とは別の女性がいたといい、清原氏は口が半開きで視線は虚空を彷徨ってろれつが回らない様子だったという。同誌の取材に対して清原氏は「事務所、通して」と応じず、記者に襲い掛かって録音に使っていたICレコーダーをへし折り、それを自らの左手にガンガンと叩きつけて出血。ガードマンらが駆けつけると「こいつ(記者)にやられてケガしたんや」と言い出し、さらには「明日のCM撮影の仕事ができなくなった。何千万の損や!」「お前を一生、追い込むからな!」などと記者にすごんだという。記事では、生々しい写真入りで大暴れの一部始終を伝えている。


『清原和博 番長伝説 1985~2008「FRIDAY」が追い続けた24年間』


番長、薬はご法度です…

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週