>   > 

過熱する「ローラ枠」争奪戦!? リアクションが大げさすぎると非難殺到のハーフタレントとは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

0221amanda_main.jpg
※イメージ画像:アマンダオフィシャルブログ「como esta a Amanda ~コモエスタ・ア・アマンダ~」より

 バラエティを主戦場にする、いわゆるハーフ系タレント(クォーター以下の場合も含む)たちのポジション争いが激しさを増している。タメ口キャラで大ブレイクしたローラは昨年、父親が国民健康保険の海外療養費を不正受給した疑いで国際指名手配されると失速。同じ事務所のダレノガレ明美が“ローラの妹分”として恋愛ネタを中心にぶっちゃけ話を炸裂させて人気が急上昇した。また、笑い方や仕草がローラに酷似していることから「ローラのマネ?」と言われるなど、賛否両論の水沢アリーも出てくるなど、まさに飽和状態といえる。

 そんな中、また新たな強者が登場したようだ。2月20日放送の『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)に日本とブラジルのハーフタレント・アマンダが出演、その態度や発言が「うっとうしい」と話題になっている。

 この日は、以前も同番組で数々のマジックを披露しているマジシャンのKiLaが登場。KiLaはマジックが「魔法みたい」と言われることについて「すべてはアイデアとテクニック」とタネがあることを明かしたが、「そーなんだー」「魔法だって信じたかったぁ!」と冒頭から叫んだアマンダ。マジックのために使う指輪を差し出す際には「ブラジリアンカラー!」とわざわざ叫んだり、2つの指輪がからみあうというマジックの際には「今、すごいいけないものを見た気がする」と大げさなリアクションに終始した。

 他にも手をバタバタさせて「うわぁ~」と震えるような仕草をしたり、「やった!」「なるほどぉ」など、いちいち相の手を入れるアマンダに対して、ネット上では「すげぇうるせぇ」「必死にキャラをつくってる感じがイタい」「リアクションがわざとらしくてイライラする」など非難の声が上がっている。

「中には『バラエティには盛り上げ役も必要』など理解を示す声もありますが、やはり『ローラの二番煎じっぽい…』という拒否反応が多いようです。ただでさえ、ダレノガレや水沢などタメ口タレントは出尽くしていますからね。一緒に出演していた水野美紀が比較的落ち着いて対応していたことから、アマンダの浮わついた感じが引き立っていましたが、バラエティで目立つためにはオーバーリアクションが手っ取り早い。しかし、まだ知名度が低いことから『これ誰?』という疑問も込めて嫌悪感を抱く人が多いようです」(芸能ライター)


『サバイバル 文庫 全10巻+ 外伝 完結セット』


がんばれ

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

Sponsore
  • アイポケ
  • s級素人
  • FAプロ
  • MGS
  • OPPAI
  • KMP
  • smm
  • SOFT ON DEMAND
  • 溜池ゴロー
  • DANDY
  • teamZERO
  • 痴女ヘブン
  • ナンパJAPAN
  • BIG MORKAL
  • プレステージ
  • PREMIUM
  • MAXING
  • MOODYZ
  • MUTEKI
  • 乱丸
  • WANZ
  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

menscyzo_161128_rectangle_c.jpg

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週